NBA選手

リッキー・ルビオはスペイン出身のNBA選手

投稿日:2019年1月28日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回はリッキー・ルビオを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1990年10月21日

出身国:スペイン

出身チーム:FCバルセロナ

ポジション:PG

ドラフト順位:2009年1順目5位

ドラフトチーム:ミネソタ・ティンバーウルブス

身長:192cm 体重:86kg

リッキー・ルビオ

リッキー・ルビオはスペイン出身のNBAプレーヤーです。

パスが上手くて本当にかっこいいですね。彼のアシストは見るものを魅了します。しかもイケメン!

最近はハーデンみたいな髭を蓄えちゃったりしてねw

NBAのイケメンプレーヤーランキングに入れようか迷っていますw

それはさて置き、最近はパスで魅せれる選手が減ってきました。しかし、ルビオのパスは本当に華がある!

私がそんなルビオを知ったのは彼がNBAに入る前でした。

「スペインにバスケの天才少年がいる」

とのことでかなり話題になっていましたね。

ルビオは若くしてプロデビュー

ルビオは2005年の10月15日に14歳でプロデビューしました。

日本で言えば中学生、まさに天才少年ですね。ちなみに背番号は32番を付けていました。

32番と言えばあのお方が付けていた背番号です。

多分マジック・ジョンソンに憧れてたんでしょうね。

またルビオは2006年の10月24日には16歳でユーロリーグデビューしています。1990年代生まれの選手として初めてユーロリーグでプレーした選手になりました。

りとる・あいばーそん
本当に凄いっ!

地元スペインで大活躍

ルビオは2011年にミネソタ・ティンバーウルブス入りする前は地元スペインのチームで活躍していました。

2005-2009年まではホベントゥット・バダロナ、2009-2011年はFCバルセロナでプレーしています。

バダロナと言う地名を聞いてピンときた方もいらっしゃると思いますが、バルセロナオリンピックでバスケットボール会場があったのがバダロナでしたね。

りとる・あいばーそん
これも何かの運命なのかも。

ルビオのスペイン時代の輝かしい成績↓

2006年 ユーロチャレンジチャンピオン
2007年 スペインリーグライジングスター
2008年 ユーロカップチャンピオン
2008年 ヨーロッパ年間最優秀選手
2009年 スペインリーグ最優秀守備選手賞
2010年 ユーロリーグチャンピオン
2010年 ユーロリーグライジングスター賞
2008年、2010年 オールスペインリーグチーム
2010年 スペインリーグモストスペクタキュラープレーヤー
2011年 スペインリーグチャンピオン

ナショナルチームでも活躍

ルビオはスペイン代表として国際大会で数々のメダルを獲得しています。

北京オリンピックで銀、リオデジャネイロオリンピックで銅メダル。

ユーロバスケットでは2009年のポーランド大会、2011年のリトアニア大会で金メダル、2013年のスロベニア大会、2017年のトルコ大会で銅メダルを獲得しています。

りとる・あいばーそん
ルビオすげーー!

2009年NBAドラフト

ルビオは2009年のNBAドラフトでミネソタ・ティンバーウルブスに指名されました。指名順位は1順目5位とかなり評価が高かったです。

ルビオは1990年代生まれの選手として初めてNBAドラフトで指名されました。

彼の誕生日は1990年の10月ですが、1990-91年シーズンはシカゴブルズが初優勝を成し遂げた年でもあります。

ルビオがこの世に生を受けたその8ヶ月後にシカゴブルズ王朝が始まった事になりますね。

そんな年にスペインでバスケの天才少年が生まれたのは何かの運命ではないでしょうか?

ミネソタ・ティンバーウルブス時代

2009年にNBAドラフトにかかったルビオでしたが、スペインのチームと契約が残っていた為NBAでプレーし始めたのは2011-12年シーズンからでした。

私はNBAで早くルビオのプレーが見たかったので待ち遠しかったです。

ちなみにルビオは10人目のスペイン出身のNBA選手になりました。

デビュー戦

2011年12月26日、地元ターゲットセンターでデビューしたルビオは6得点、5リバウンド、6アシストの成績を残しています。

試合は惜しくもオクラホマシティ・サンダーに負けてしまいましたが、ルビオは本当に注目されていました。

当時の私は本当に凄い選手がNBAに来たなあと思っていました。

デビュー戦でのアシストは本当にセンスあるなって言うかんじが伝わって来ます!

ウルブス時代の成績

  平均得点 平均アシスト
2011-12 10.6 8.2
2012-13 10.7 7.3
2013-14 9.5 8.6
2014-15 10.3 8.8
2015-16 10.1 8.7
2016-17 11.1 9.1

ルビオはアシストに関してはルーキーイヤーからかなりいい数字を残しました。

しかし得点は平均10点位。

NBAと言うリーグは本当に凄いリーグですね。あれだけ騒がれていたルビオでさえ一筋縄では行きません。

得点を取る事に関してはかなり苦労しているイメージがありますね(特にアウトサイド)

ただ、アシストに関しては非凡な才能があるので今後も彼には頑張って欲しいです。

得点力があるポイントガードが全盛の時代に彼のようなパスファーストのポイントガードがどのようにしてNBAで活躍するかに注目しています!

りとる・あいばーそん
ルビオ頑張れ!!!

ユタ・ジャズへトレード

2017年6月、ルビオは2018年のドラフト指名権とのトレードでユタ・ジャズにトレードされました。

ウルブスがルビオを出すとは全く思ってなかったので、結構このトレードにはびっくりしましたね。

ただ、ユタ・ジャズに加入したルビオはすんなりとジャズにフィットしました。

プレーオフで活躍

サンダーとのプレーオフファーストラウンド第3戦、ルビオはトリプルダブルを達成します。26得点、11リバウンド、10アシストを記録しました。

試合も115対102で勝っています。

プレーオフでのトリプルダブルはジャズの選手としては2001年にジョン・ストックトンが達成して以来でした。

ルビオの活躍もあり4勝2敗でジャズがカンファレンスセミファイナルに進出しています。

正直サンダーが勝つと思っていたので、ルビオの大活躍にはびっくりでしたね。

その後、ジャズは惜しくもカンファレンスセミファイナルでロケッツに敗れましたが、ルビオにとっては転機になりました。

ウルブス時代は一度もプレーオフに出れなかったので本当にジャズに来てよかったですね。

しかも、得点力が少しあがりました(ここまでのキャリアハイの平均13.1得点を記録)

スペインの至宝とまで呼ばれた男ルビオの活躍に期待しましょう!

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-NBA選手

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.