レジェンド

キラークロスオーバーが凄すぎ!!ティム・ハーダウェイはNBA史上屈指のポイントガード

投稿日:2018年5月23日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回は大好きなティム・ハーダウェイっす!

プロフィール

誕生日:1959年8月14日

出身国:アメリカ

出身地:イリノイ州・シカゴ

ポジション:ポイントガード

ドラフト順位:1989年1巡目14位

ドラフトチーム:ゴールデンステート・ウォリアーズ

出身校:テキサス大学エルパソ校

身長:183cm 体重:79kg

ティム・ハーダウェイと言えばキラークロスオーバー

ティーム・ハーダウェイの代名詞と言えば「キラークロスオーバー」です。

普通の選手のクロスオーバーよりも切れ味が鋭く、相手ディフェンスも成すすべなしでした。

最初見たときは、あまりに速すぎてどうやっているか分かりませんでした。

そして、このキラークロスオーバがめちゃくちゃかっこいいんですよ本当に。

私は少年時代にあこがれて練習しましたが、ティム・ハーダウェイのようには結局出来ませんでしたね。

早すぎるんですよ切り替えしがw

「いやー本当にかっこいいっす!!キラークロスオーバー」

今までのNBAの中でもトップクラスの切れ味です!

ウォリアーズ時代

ティム・ハーダウェイはドン・ネルソン率いるウォリアーズで主力を勤めました。ウォリアーズでは1989年から1996年まで6シーズンプレーしています。

当時のウォリアーズはかなりオフェンス重視のバスケットボールをしていました。

その切り込み隊長がティム・ハーダウェイでした。彼は得点力があったし、アシストも本当にうまかったです。特に1991-1992年シーズンには平均23.4得点、10アシストの成績を残しました。

得点とアシストの両方で2桁平均は凄い!

ちなみに5,000得点、2,500アシストを達成した早さはオスカー・ロバートソンについで2番目の早さです。

とにかくハーダウェイはめちゃくちゃかっこいい選手でした。引退した今でも大好きな選手です。

私の中でハーダウェイは本当に特別な選手!

RUNーTMC

ハーダウェイを語る上で忘れてはいけないのは、ランTMCです。

有名なラップグループのランDMCをもじったグループ名で一世を風靡しました。

当時ウォリアーズの主力選手だったティム・ハーダウェイ、ミッチ・リッチモンドクリス・マリン3選手の頭文字をとってランTMCです。

ちなみにこのかっこいい名前はテレビの視聴者の投稿の中から本人たちが選びました。もっとかっこ悪い名前もいっぱいあったのでランTMCを選んでくれて本当によかったです。

当時の様子を再現すると

リポーター「ランTMCはどうですか?」

3人「それいいんじゃない」「よし、それで行こう!」

っていうような感じで決まりました。結構簡単に決まったんですよね。

ただね、ランTMCのプレーはめちゃくちゃかっこよかったです。

この3人マジで最高!!

マイアミ・ヒートへトレード

ウォリアーズの主力として大活躍していたハーダウェイでしたが、1996年にマイアミヒートへトレードされました。ヒートへトレード後はアロンゾ・モーニングとタッグを組みマイアミヒートを強豪チームに変貌させます。

ヒートはめちゃくちゃ強いチームでしたけど、当時イースタンカンファレンスにはマイケル・ジョーダン率いる最強シカゴブルズがいました。

結局ハーダウェイはプレーオフでシカゴブルズを倒す事が出来きなかったですけど、彼自身はめっちゃかっこよかったです。

その後、ティムはヒートでの活躍が認められ背番号10番はマイアミ・ヒートの永久欠番になりました。

さすがハーダウェイ。

ハーダウェイは2003年に引退

ヒート退団後、ハーダウェイは2001-2002年シーズンはダラス・マーベリックス、2002年途中にデンバー・ナゲッツ、2003年にインディアナ・ペイサーズと渡り歩き2003年に引退しました。

キャリア15年間では平均17.7得点、8.2アシストの成績を残しています。

正直ハーダウェイが引退した時は本当に悲しかったです。あのキラークロスオーバーがもう見れなくなると思うと本当に切ない気持ちになりました。

ティム・ハーダウェイの実績

現役時代はNBAオールスターに5回(1991、1992、1993、1997、1998)選ばれました。

また、1997年にはオールNBAファーストチームに選出されます。

1994年にはドリームチームⅡのメンバーにも選出されました。残念ながら怪我でプレーはしていません。

マジでドリームチームⅡでプレーしてるところ見たかった(涙)

ただ、ドリームチームⅡではプレーできませんでしたが、2000年のシドニーオリンピックではドリームチームⅣのメンバーとして金メダルを取っています。

息子もNBA選手

 

ティム・ハーダウェイの息子ティムハーダウェイJRもNBA入りして活躍しています。身長はJrのほうが高いです。

最初JrがNBAに入ってきた時私は思いました。

もしかして、キラークロスオーバー出来るんじゃ?

ハーダウェイの息子なら出来るだろう?と思っているんですけど、今のところまだ見れてませんw

いやーしかし父ちゃんそっくりですね顔が。

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-レジェンド

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.