レジェンド

マジック・ジョンソンはパスが本当に最高な選手!!

投稿日:2018年5月23日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回は大好きなマジック・ジョンソンっす!

プロフィール

誕生日:1959年8月14日

出身国:アメリカ

出身地:ミシガン州・ランシング

ポジション:ポイントガード

ドラフト順位:1位

ドラフトチーム:ロサンゼルスレイカーズ

出身校:ミシガン州立大学

身長:206cm 体重:105kg

マジック・ジョンソン

今のNBAがマジック・ジョンソンのおかげでここまで人気があるといっても過言ではありません。

1980年代に大活躍しラリー・バードとともにNBA人気を不動のものにしました。マジックとバードがいなければ今のNBA人気はこれほど高まっていなかったと言っても過言ではありません。

NBA史上最高の長身ポイントガード

マジック・ジョンソンはNBA史上稀に見る長身ポイントガードです。これだけ大きくてポイントガードが出来る選手は長いNBAの歴史の中でもなかなかお目にかかれません。

長身にもかかわらずボールハンドリングやアシストは本当に凄いです。

マジックは生涯ロサンゼルス・レイカーズ1筋でプレー

マジック・ジョンソンはレイカーズ一筋でプレーし、5度のNBA優勝を成し遂げています。

1980年、1982年、1985年、1987年、1988年に優勝し、そのうち3度ファイナルMVPを受賞しました。

背番号32番はレイカーズの永久欠番になっています。

マジック・ジョンソンの本名

世間ではマジック・ジョンソンと呼ばれていますが、実は本名ではありません。 本名はアーヴィン・ジョンソンです。私も途中まではマジック・ジョンソンが本名だと思っていました。

ニックネームである「マジック」の由来は彼が魔法のようなプレーをするところから"マジック"と名付けられました。このニックネームは彼が学生時代に名付けられました。

NBA史上最高のノールックパス

彼の代名詞といえばノールックパスです。彼のノールックパスって本当にパスするほうを見ていないんです。

よく後ろに目が付いているんじゃないかと言われていました。

私は彼のビデオデープを何回も見て真似しました。

ダンクは真似できないけどノールックパスなら真似できます。このビデオは私の教科書みたいなものでした。

今現在も含めマジックが繰り出したノールックパスがNBA史上NO1なのは間違いありません。

マジックビデオ

マジックジョンソンの人柄

マジックの人気がある理由として、プレーはもちろんその人柄が挙げられます。

特にマジックの笑顔がいいです。この屈託のない笑顔は本当にファンを幸せな気分にさせてくれました。

NBA引退

残念なのはHIVに感染した事です。このニュースを聞いた時は本当にショックでした。1991年に引退したんですが、オーランドで開催されたオールスターではファン投票によって選出され素晴らしいプレーをしました。引退していたにもかかわらずマジックをファン投票で選出したファンの温かい心が本当に感動的でした。

このオールスターで印象的だったのがアイザイア・トーマスやマイケル・ジョーダンなどと一人ずつ1対1をした場面です。

NBAへ復帰

HIVで一度は引退しましたが、1996年に復帰しています。復帰戦の対ウォーリアーズの試合は今でも忘れられません。復帰戦で見せたパスフェイクは本当に凄かったです。

しかし、マジックはこのシーズン終了後に再度引退しました。私は、マジックのプレーが再度見れただけで本当に嬉しかったです。

マジック・ジョンソンオールスターズで来日

マジックはNBA引退後にマジックジョンソンオールスターズというチームを作り世界各国を周っていました。その時日本にも来日したので私は見に行きました。

会場中が彼の一挙手一投足に注目しました。

フリースローの時にはみんなが写真を撮りまくるのでシャッターの光が眩しくて、フリースローが打てなかったほどです。

その時もフラッシュを嫌がるのではなくおどけて見せて会場中を笑いの渦にしてました。

近くで憧れの選手を見れて本当に嬉しかったし、それが今でも財産になっています。バスケ好きの知り合いにもマジック・ジョンソン
生で見たことあるよって自慢できるし(笑)

いつまでたっても色褪せないマジック・ジョンソンのプレー

マジックのプレーはいつまで経っても色褪せません。
是非マジックのプレーを堪能して下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-レジェンド

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.