レジェンド

ヤオ・ミンは身長が229cmもある中国人センター

投稿日:2018年12月4日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回はヤオ・ミンを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1980年9月12日

出身国:中国

出身地:上海市

ポジション:C

ドラフト順位:2002年1順目1位

ドラフトチーム:ヒューストン・ロケッツ

出身チーム:上海シャークス大学

身長:229cm 体重:141kg

ヤオ・ミンは中国を代表するNBAプレーヤー

ヤオ・ミンは中国出身のNBA選手の中では1番有名で1番NBAで結果を残した選手です。

彼はなんと身長が229cmもあります。ウイングスパンは251cm、足のサイズは38cmです。

足は意外と小さいですね。

そして、ニックネームがなんと「歩く万里の長城」です。

とにかくヤオ・ミンは規格外の大きさでした。

大体ヤオみたいに身長が高いと動きが遅かったりするんですが、ヤオは例外です。

こんなにデカイのにコートの端から端まで全力疾走してました。

ニックネームは「歩く万里の長城」だったけど「走る万里の長城」でもよかったと思います。

フットワークは軽やかでアウトサイドのシュートもかなりうまかったです。

こんな選手は今後なかなか現れないでしょう。

さすが中国

上海シャークス

ヤオミンはNBAでプレーする前は上海シャークスでプレーしていました。シャークスには1997年から2002年まで所属しています。

キャリア平均では平均23.4得点、15.4リバウンドの成績を残しました。

2001年にはMVP、2002年にはファイナルMVPに輝いています。

ヤオミンがつけていた背番号15番は永久欠番になりました。

ちなみに今現在(2018年12月)は上海シャークスのオーナーを務めています。

2002年NBAドラフト

ヤオ・ミンは2002年のNBAドラフトにおいて1順目1位でヒューストン・ロケッツに指名されます。

当時のドラフトではヤオ・ミンかデューク大学のジェイ・ウイリアムスが1位指名されると言われていたので、予想通りの指名でした。

私的にヤオミンはアキーム・オラジュワンの後継者的な存在でしたね。ただドラフト時には本当にNBAで活躍できるか疑問がありました。

実際アメリカの解説者なども「ヤオはNBAで通用しない」と言うコメントをしています。

またチャールズ・バークレーにいたってはヤオがルーキーイヤーに20得点以上取ったら、ケニー・スミスの尻にキスをするという賭けをしました。

それだけアジア人の選手がまだまだNBAで通用するとは思われていなかった時代でした。

※ちなみにヤオはそのシーズンの11月17日のレイカーズ戦で20得点を挙げます。

賭けに負けたバークレーはケニー・スミスの尻にはキスしませんでしたが、スミスが用意したロバの尻にキスをしました。

ヒューストン・ロケッツで大活躍

ヤオミンは1年目から平均13.5得点、8.2リバウンドの成績を残しました。

大活躍したヤオはオールルーキーファーストチームに選出されています。当時のロケッツのエースだったスティーブ・フランシスとのプレーは本当によかったですね。

フランシスとはロケッツで2シーズン一緒に戦いました。ヤオ・ミンとフランシスのホットラインを私は物凄く好きでした。

ヤオはNBAキャリア8年間で平均19得点、9.2リバウンドの成績を残します。

彼が付けていた背番号11番はロケッツの永久欠番になりました。

同じアジア人のヤオがNBAで大活躍するところを見ているだけで私は嬉しかったですね。

りとる・あいばーそん
ヤオ、ありがとう!!

NBAオールスター

ヤオ・ミンはNBAオールスターに8回(2003-2009,2011)出場しました。

2000年代のウエスタンカンファレンスのオールスターセンターと言えばヤオっていうイメージでしたね。

彼は中国で絶大な人気があるので、かなりのファンがオールスターのファン投票で彼に投票したと思います。

ちなみに中国の人口約13億8000万人です。

ヤオ一族

ヤオ・ミンの父親と母親もバスケットボールの選手でした。父親は208cm、母親は188cmもあります。

やっぱ身長って遺伝なんですねw

ちなみにヤオミンの奥さん(イエ・リー)も元バスケットボール中国代表で身長が190cmもあります。アテネオリンピックに出場しました。

娘のヤオ・チンレイちゃんもめっちゃでかくて、将来有望なバスケ選手になる可能性大ですね。

ヤオ・チンレイちゃん覚えておきましょう!

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-レジェンド

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.