レジェンド

ケビン・マクヘイルは凄いパワーフォワード。

投稿日:

りとる・あいばーそん
今回はケビン・マクヘイルを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1957年12月19日

出身国:アメリカ

出身地:ミネソタ州ヒビング

ポジション:PF

ドラフト順位:1980年1順目3位

ドラフトチーム:ボストン・セルティックス

出身校:ミネソタ大学

身長:208cm 体重:95kg

ケビン・マクヘイルはセルティックスのレジェンド

ケビン・マクヘイルはインサイドの存在感が物凄い選手でした。私がNBAを見始め他時には既にスーパースターとして大活躍していましたね。

彼のプレーを見ていてインサイドが強い選手だなぁと常々思っていました。

あのチャールズ・バークレーもマッチアップしたくない相手として彼の名前を挙げるほどでした。これだけでもめっちゃ凄いですね。あのバークレーが認めてるんですから。

今の選手みたいに筋肉隆々ではありませんでしたが、常にインサイドで力を発揮するマクヘイルは本当に凄かったです。

例えるならばプレースタイルはケビン・ガーネットに近いかな。大きくても動ける選手です。

マクヘイルはインサイドが本当に凄かった!!本当に。

セルティックス1筋13年

マクヘイルはセルティックス一筋で13シーズンプレーしました。キャリア平均では19得点、7.1リバウンドの成績を残しています。

NBAオールスターには7回(1984、1986-1991)、NBAファーストチームには1回(1987)選ばれました。

また2018年11月現在、セルティックスでは歴代5位の17,335得点を記録しています。これ実はビル・ラッセルよりも上。ちなみにラッセルは14,522得点。

プレーイングタイムは30,118で7位、リバウンドは7,122本で6位、ブロックは1,690本で2位です。

まさにセルティックスのレジェンド!!

ミネソタ大学時代

マクヘイルはミネソタ大学時代に平均15.2得点、8.5リバウンドの成績を残しました。大学時代の活躍が認められ、1995年にミネソタ大学のバスケットボールの歴史の中で1番の選手に選ばれています。

背番号44番はミネソタ大学の永久欠番になりました。

1980年NBAドラフト

当時セルティックスのレッドアワーバック球団社長はこの年のドラフト1位指名権を持っていましたが、センターのロバート・パリッシュを獲得するためトレードでドラフト指名権をウォリアーズに譲渡しました。

セルティックスはウォリアーズからパリッシュとドラフト3位指名権を獲得します。

セルティックスはその3位指名権でマクヘイルを指名しました。

この指名によりケビン・マクヘイルとロバート・パリッシュ、ラリー・バードという強烈なフロントラインがのちに結成されます。

このトレードをした当時のアワーバックの手腕は本当に凄いとしか言いようがありません。

セルティックスで3回優勝

マクヘイルはルーキーシーズンの1981年にいきなりNBAチャンピオンになりました。

その後も1984年、1986年に2度優勝しています。マクヘイルがつけていた背番号32番は永久欠番になりました。

バード、パリッシュなどとともに80年代のセルティックスを背負っていましたね。

最初はシックスマンだった

マクヘイルはルーキーイヤーから1985年シーズンまではシックスマンとしてセルティックスで活躍しました。

バードとセドリック・マックスウェルの控えとして活躍します。1984年と1985年には2年連続でシックスマン賞を受賞しました。

またスターターに昇格した1986年からは平均得点を一気に伸ばしてセルティックスで大活躍します。

マクヘイル、バード、パリッシュのビッグ3は強烈でしたし、NBAの歴史を語る上でははずせませんね。

フィールドゴールパーセンテージが高い

なんとマクヘイルのフィールドゴールパーセンテージはキャリア平均で55.4パーセントもあります。

この数字はかなり凄い!!

相手ディフェンダーからしたら本当に厄介な選手です。今のビッグマンのようにスリーポイントは打てませんでしたが、ゴールしたのシュートは本当に決定力が高かったですね。

彼のキャリアでもっとも凄かったシーズンは1986-87シーズンです。平均26.1得点、9.9リバウンド、フィールドゴールパーセンテージ60.4パーセントの成績を残しました。

特にフィールドゴールパーセンテージは6割を超えています。10本シュートを打てば6本決めている計算ですから本当に凄い。

ちになみに1987-88年シーズンにも平均22.6得点、8.4リバウンド、フィールドゴールパーセンテージ60.4パーセントを記録しました。

りとる・あいばーそん
2年連続でフィールドゴールパーセンテージ6割超えはありえない。

マクヘイルはディフェンスも凄い

マクヘイルはオフェンスだけでなくディフェンスも凄い選手でした。

1986年から1988年まで3年連続でオールディフェンシブファーストチームに選出されています。また、セカンドチームには1983年、1989年、1990年に3度選ばれました。

ジョーダンのシュートもブロックしことがあるので本当にすごいです。

本当にゴール下での存在感は凄かった!!

引退後にはヘッドコーチに

マクヘイルは引退後はヘッドコーチになりました。

2005、2008-2009年にはミネソタティンバーウルブスのヘッドコーチを勤めました。

2005年の1シーズンだけでしたけど、ケビン・ガーネットとのコンビは見ていてなんか凄かった。

また、2011-2015年まではヒューストン・ロケッツで監督を務めました。

マクヘイルがベンチに座っているだけで私としては大満足でしたね。やっぱり存在感がすごかったし、めっちゃやさしそうだった。

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-レジェンド

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.