歴代NBAチーム

1992-1993年シーズンのフェニックス・サンズ、NBAファイナル出場

投稿日:2018年7月31日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回は1992年ー1993年シーズンのフェニックスサンズを紹介するっす!

1992-1993フェニックス・サンズ

フェニックス・サンズは1968年に創設された歴史あるチーム。その長い歴史の中でもファイナルに進出したのは1976年と1993年の2度のみです。

1993年に2度目のファイナルに出場した時のフェニックス・サンズは非常に印象に残るチームでしたね。私のお気に入りのチームでもあります。

りとる・あいばーそん
いいメンバーが揃ってた!

地道に有能な選手を獲得

フェニックス・サンズは1988年にクリーブランド・キャバリアーズからケビン・ジョンソンを獲得します。

その後、シアトル・スーパーソニックスからトム・チェンバースが加入。また1988年のドラフトでは1順目14位でダン・マーリーを獲得します。

素晴らしい選手たちが揃いサンズは次第に強豪チームへと成長していきました。

チャールズ・バークレーをトレードで獲得

1992年サンズにとって好機が訪れました。

チャンピオンリングを求めてフィラデルフィア・セブンティーシクサーズのエースだったチャールズ・バークレーがトレードで加入します。

サンズからはジェフ・ホーナセック、アンドリュー・ラング、ティム・ペリーがトレードされました。

りとる・あいばーそん
このトレードは衝撃的でしたね。
サンズの新たな戦力

また当時ブレイザーズで活躍していたダニー・エインジや巨漢のオリバーミラー、ドラックの問題のあったリチャード・デュマスなどもこの年に新たな戦力としてフェニックス・サンズに加わりました。

特に経験のあるエインジの加入はサンズにとって大きかったと思います。

あとは、目隠しダンクで有名なセドリック・セバロスも当時のサンズに所属していましたね。

りとる・あいばーそん
目隠しダンク懐かしい!!

1992ー1993年フェニックスサンズロスター

22番 ダニー・エインジ SG

34番 チャールズ・バークレー PF

23番 セドリック・セバロス SF

24番 トム・チェンバース PF

21番 リチャード・デュマス SF

3番 フランク・ジョンソン PG

7番 ケビン・ジョンソン PG

8番 Tim Kempton C

32番 Negele Knight PG

9番 ダン・マーリー SG

25番 オリバー・ミラー C

0番 Jerrod Mustaf

41番 マーク・ウェスト

本当に明るく自由気ままなチームカラーでしたし、この自由な感じのサンズが私は非常に好きでした。

ポール・ウェストファルが監督に就任

この年から元サンズの名選手だったポール・ウェストファルがアシスタントコーチから監督に昇格しました。

彼は現役時代サンズで大活躍し、彼が付けていた背番号44番は永久欠番になっています。

まさにサンズにうってつけのヘッドコーチでしたね。

新しいユニフォームと新アリーナ

ユニフォームも当時としては斬新なデザインに変更されました。ロゴがめっちゃかっこいいです。

今見てもかっこいいと思います。

また、ホームコートも新アリーナのアメリカウェストアリーナへ移転しました。

りとる・あいばーそん
いい感じですねー

レギュラーシーズン62勝、バークレーがMVP受賞

チャールズ・バークレーの加わったフェニックス・サンズはレギュラーシーズンを62勝10敗で終えました。

この記録は今もなお(2019年現在)サンズのフランチャイズレコードです。レギュラーシーズンのMVPはバークレーが受賞しました。この時がバークレーの全盛期だったのは間違いありません。

りとる・あいばーそん
バークレーかっこよかったー

1992-1993年シーズンプレーオフ

全盛期のバークレーに率いられたサンズはもちろんプレーオフに進出します。ファーストラウンドではロサンゼルスレイカーズと対戦しました。

 

当時は5戦シリーズだったんですが辛くも3勝2敗でカンファレンスセミファイナルに進出します。

ゲーム1(ホーム) 103対107 サンズ負け
ゲーム2(ホーム) 81対86 サンズ負け
ゲーム3(アウェイ) 107対102 サンズ勝ち
ゲーム4(アウェイ) 101対86 サンズ勝ち
ゲーム5(ホーム) 112対104 サンズ勝ち
りとる・あいばーそん
あぶねーw

カンファレンスセミファイナル

カンファレンスセミファイナルではデビッド・ロビンソン率いるサンアントニオ・スパーズを4勝2敗で倒しました。

バークレー対ロビンソンのマッチアップは見ごたえがありました。

第6戦の最後で決めた決勝シュートは本当に凄かったです!!

「このときのバークレーかっこいいし、めちゃくちゃ好き」

ゲーム1(ホーム) 98対89 サンズ勝ち
ゲーム2(ホーム) 109対103 サンズ勝ち
ゲーム3(アウェイ) 96対111 サンズ負け
ゲーム4(アウェイ) 103対117 サンズ負け
ゲーム5(ホーム) 109対97 サンズ勝ち
ゲーム6(ホーム) 102対100 サンズ勝ち

カンファレンスファイナル

勢いに乗っていたサンズはカンファレンスファイナルに進出しました。

カンファレンスファイナルの相手は当時ゲイリー・ペイトンショーン・ケンプのいたシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)でした。

 

苦戦を強いられますが4勝3敗でサンズがNBAファイナルに進出しました。

りとる・あいばーそん
ここもあぶねー
ゲーム1(ホーム) 105対91 サンズ勝ち
ゲーム2(ホーム) 99対103 サンズ負け
ゲーム3(アウェイ) 104対97 サンズ勝ち
ゲーム4(アウェイ) 101対120 サンズ負け
ゲーム5(ホーム) 120対114 サンズ勝ち
ゲーム6(アウェイ) 102対118 サンズ負け
ゲーム7(ホーム) 123対110 サンズ勝ち

1993年NBAファイナル

サンズはついに悲願のチャンピオンリングまであと一歩の所まで来ました。 

しかし、ファイナルの相手は1991年と1992年にバックトゥバック(2連覇)を達成していたシカゴ・ブルズ。

楽に勝てる相手ではありません。

ただ、ホームコートアドバンテージはサンズが握っており、サンズ有利の状況で1993年NBAファイナルを迎えました。

どっちが勝つか本当に楽しみでしたね。

ファイナルのオープニング↓今見てもぞくぞくします。

りとる・あいばーそん
かっこえーーー

 

バークレー対ジョーダン

当時バークレー対ジョーダンの戦いはかなり注目されました。

なぜならば当時のNBAを代表する2大スター同士の対決だったからです。「バークレー対ジョーダン」の闘いは非常に盛り上がりましたね。

りとる・あいばーそん
最高のシチュエーションでした!!

選手として2人とも全盛期でしたし、日本でも人気がある選手同士の対決が面白くないわけ無いです。

第1戦、第2戦

第1戦、第2戦はサンズのホームコートで行われました。しかし、サンズは第1戦を92対100、第2戦を108対111で落としてしまいます。

ただですね、窮地に立たされたサンズはここから本来の力を発揮しました。

さすがに0勝3敗になるともう勝負は決したようなもんですからね。

トリプルオーバータイム

第3戦はシカゴ・ブルズの本拠地であるシカゴスタジアムで行われました。

試合は一進一退の試合展開でなんとトリプルオーバータイムへと突入します。試合終盤サンズはバークレーの値千金のプレーでシカゴ・ブルズを引き離し129対121で勝利しました。

バークレーの活躍が印象的でしたね。

第4戦、第5戦

第4戦は105対111でサンズが負けて、1勝3敗と王手をかけられました。

しかし、後のないサンズは第5戦を108対98で勝利しなんとか望みをつなげます。サンズは再びホームコートへ戻ることが出来ました。

残り2戦をホームで戦えるサンズにとってはチャンピオンリングをつかめる可能性が少し出てきましたね。

第6戦

第6戦は試合終盤までサンズのペースで進みます。

何とか勝利し第7戦を迎えたかったサンズでしたが、試合終盤にNBAファイナル史上に残るプレーが飛び出してしまいます。

サンズはジョン・パクソンに逆転となるスリーポイントを沈められました。

試合時間は残り数秒残っていましたが、サンズは逆転することが出来ずに99対98で敗れています。

私は今でもこのシーンははっきり覚えていますね。

ホーレス・グラントがケビン・ジョンソンをブロックしたシーンは今でも思い出します。

サンズにとっては本当に悔しかったと思います。バークレーの落胆している姿が本当に可愛そうでした。

と同時にブルズの強さを実感した瞬間でもありましたね。

りとる・あいばーそん
サンズ残念
ゲーム1(ホーム) 92対100 サンズ負け
ゲーム2(ホーム) 108対111 サンズ負け
ゲーム3(アウェイ) 129対121 サンズ勝ち
ゲーム4(アウェイ) 105対111 サンズ負け
ゲーム5(アウェイ) 108対98 サンズ勝ち
ゲーム6(ホーム) 98対99 サンズ負け

 

サンズは優勝する事は出来ませんでしたが、このシーズンのサンズはめちゃくちゃかっこよくて本当に強いチームでした。私が見たことのあるNBAチームの中でも本当にお気に入りのチームです。

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-歴代NBAチーム

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.