歴代NBAチーム

【NBA】ドリームチーム3、1996年アトランタオリンピックで金メダル

投稿日:2018年7月30日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回はドリームチーム3を紹介するっす!

ドリームチーム3

1996年にアトランタオリンピックが開催されました。

今回のオリンピックも、1992年のバルセロナオリンピックと1994年FIBA世界選手権同様にNBA選手が参加しました。

ドリームチーム3のメンバーはチャールズ・バークレー、デビッド・ロビンソン、レジー・ミラー、スコッティ・ピッペン、グラント・ヒル、ミッチ・リッチモンド、シャキール・オニール

アンファニー・ハーダウェイ、カール・マローン、ゲイリー・ペイトン、アキーム・オラジュワン、ジョン・ストックトンと素晴らしいメンバー構成となっていました。

選手紹介↓

 

ドリームチーム3はドリームチーム1と2のメンバーから再度選出された選手が多かったですね。

新たに選ばれた選手はグラント・ヒル、ミッチ・リッチモンド、アンファニー・ハーダウェイ、ゲイリー・ペイトン、アキーム・オラジュワンでした。

監督は当時地元アトランタ・ホークスの監督だったレニー・ウィルケンズ。コーチには名将のジェリー・スローン(当時ユタ・ジャズの監督)もいました。

8名が30歳以上とドリームチーム3はベテラン選手が多いチームでしたね。

りとる・あいばーそん
ドリームチーム3かっこよかったです!!

当時まだアメリカ1強の時代

世界のバスケットボールのレベルは上がりつつあったんですが、この時代もまだアメリカ1強でした。アメリカは勝つのが当たり前といった状況の中、素晴らしいプレーを披露してくれましたね。

将来を嘱望されていたアンファニー・ハーダウェイやグラント・ヒルのプレーは本当にかっこよかったです。 また、ピッペンやバークレー等ベテラン選手の活躍も凄かった。

当時はドリームチームが負けるなんてことは許されないような風潮がありましたね。もし負けたら大騒ぎになっていたでしょう。

ボクシング界のレジェンドのモハメド・アリが登場

パーキンソン病を患っていたアリはサプライズでオリンピックの開会式に聖火ランナーの最終点火者として登場しました。そして、世界中に感動を与えます。

ちなみに、バスケットボールの会場にもアリが登場しました。ドリームチーム3のメンバーは全員アリの元に駆け寄り祝福しました。

この場面は見ていて本当に感動しました。

NBA選手に祝福されるアリって本当に凄い人なんだと当時思いましたね。

りとる・あいばーそん
さすがアリ

アメリカ代表のユニフォームやバッシュ

このオリンピックではユニフォームが変わりました。意外と好きでしたけどやっぱり私はドリームチーム1ドリームチーム2のユニフォームが好きですね(笑)

そして、バッシュもオリンピックモデルが発売されました。

アンファニー・ハーダウェイの履いていたエア・ズームフライト96はめちゃくちゃかっこよかったです。しかし、バッシュブームだった為即完売でした。そしてすぐにプレミアがつきました。

りとる・あいばーそん
デザインがかっこよすぎ!!

欲しくて欲しくてたまりませんでしたが高すぎて買えませんでした(涙)↓

私は妥協してミッチ・リッチモンドが履いていたエア・フライトを買いました。アメリカのチームカラーの赤と紺の組み合わせって物凄くかっこいいです。

ドリームチーム3は地元アメリカで他国を圧倒

ドリームチーム3は他国を圧倒していました。

第1戦アルゼンチン(96対68)、第2戦アンゴラ(87対54)、第3戦リトアニア(104対82)、第4戦中国(133対70)、第5戦クロアチア(102対71)、準々決勝ブラジル(98対75)、準決勝オーストラリア(101対73)、決勝ユーゴスラビア(95対69)と8戦全勝で金メダルを獲得します。

アメリカすげー

 

1992年に開催されたバルセロナオリンピックに続きオリンピック2連覇を達成しました。

正直言ってアメリカ代表は余裕で金メダルを獲得しましたね。

ちなみに1位がアメリカ、2位がユーゴスラビア、3位がリトアニアでした。

ユーゴスラビアにはブラデ・ディバッツ、リトアニアにはアルビダス・サボニスなど懐かしい顔ぶれがいました。

りとる・あいばーそん
懐かしい

世界のバスケットボールのレベル

この大会を境に世界のバスケットボールのレベルが少しずつ上がり始めます。

この大会以降アメリカは世界レベルの大会で苦戦を強いられることが多くなりますが、それを抜きにしてもドリームチーム3はベテランと若手がかみ合った特別なチームでした。

1996年ドリームチーム3ロスター

チャールズ・バークレー(33歳)フォワード

デビッド・ロビンソン(30歳)センター

レジー・ミラー(30歳)ガード

スコッティ・ピッペン(30歳)フォワード

グラント・ヒル(23歳)フォワード

ミッチ・リッチモンド(31歳)ガード

シャキール・オニール(24歳)センター

アンファニー・ハーダウェイ(24歳)ガード

カール・マローン(33歳)フォワード

ゲイリー・ペイトン(28歳)ガード

アキーム・オラジュワン(33歳)センター

ジョン・ストックトン(34歳)ガード

りとる・あいばーそん
ドリームチーム3強かった!!

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-歴代NBAチーム

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.