レジェンド

ネイト・ロビンソンは身長が低いけど、ダンクが物凄い選手。

投稿日:

りとる・あいばーそん
今回はネイト・ロビンソンを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1984年5月31日

出身国:アメリカ

出身地:ワシントン州シアトル

ポジション:PG

ドラフト順位:2005年1順目21位

ドラフトチーム:フェニックス・サンズ(ニックスへトレード)

出身校:ワシントン大学

身長:175cm 体重:82kg

ネイト・ロビンソンは身長が低いNBA選手

ネイト・ロビンソンは身長が175cmで登録されていますが、実際は170cmないといわれています。しかし、彼はNBAで活躍しました。

正直身長の低い選手にとってNBAは生き残るのが厳しい世界です。

あの身長で活躍し続けたネイト・ロビンソンは本当に凄いとしか言いようがありません。

私がNBAを見始めてから、身長が低くても活躍した選手が何人かいました。スパッド・ウェッブマグジー・ボーグス、キース・ジェニングス、アール・ボイキンス、アイザイア・トーマスなどです。

30年間でもほんの数人しかいません。もちろんネイト・ロビンソンもそのうちの一人です。

私はネイト・ロビンソンが出てきた時は、スパッド・ウェッブを髣髴とさせる選手だなぁと思いました。

身長が低いのに物凄いダンクを決めるところが本当にスパッド・ウェッブとそっくりでした。

私は一気に彼のファンになりましたね。

また持ち前のジャンプ力を生かし、レブロン・ジェームズ(203cm)やヤオ・ミン(229cm)のシュートをブロックした事もあります。

本当にすごい↓

 

ワシントン大学時代

ロビンソンはワシントン大学にフットボールの奨学金を得て入学しました。

私はネイト・ロビンソンって体がゴツイ選手だなぁと常々思っていたんですけど、アメフトをやっていたと知った時はなるほどと思いました。

しかしロビンソンはワシントン大学在学中に最終的にはアメフトではなくバスケットボールに専念します。

ロビンソンはアメフトだけでなくバスケットボールでも頭角をあらわし、ワシントン大学をNCAAトーナメントに導きました。

アメフトかバスケかどちらか一方で結果を出すだけでも大変なのに両方で活躍したロビンソンは本当にすごいです。

父親はNFLの選手

ロビンソンの父親であるジャック・ロビンソンは実は昔NFLの選手でした。

なのでロビンソンがアメリカンフットボールが得意なのは父親譲りです。ちなみにNFLではランニングバックを勤めいていました。

1987年に1年間だけですが、フィラデルフィア・イーグルスでプレーしています。

2005年NBAドラフト

ロビンソンは2005年のNBAドラフトで1順目21位でフェニックス・サンズに指名されます。

その後カート・トーマスとディジョン・トンプソンとの交換でクインティン・リチャードソンとともにニューヨーク・ニックスにトレードされました。

「身長が低いにもかかわらず1順目で指名されたことは本当にすごいこと」

ニューヨーク・ニックス時代

ルーキーイヤーから出場機会を得たロビンソンは平均9.3得点、2.3リバウンド、2アシストの成績を残しました。

その後ニックスに無くてはならない存在になったロビンソンは、4年目のシーズンにはキャリアハイの平均17.2得点、3.9リバウンド、4.1アシストの記録を残します。

まさに点取り屋という言葉がぴったりでした。

身長が175cmしかないのにNBAで平均17.2得点も取る事は簡単ではありません。

本当にかっこいいです。

ダンクコンテスト

ネイトロビンソンはダンクコンテストで3回優勝しました。これはNBA史上最多です。

また、2009年、2010年にはダンクコンテストを連覇しました。ダンクコンテストを連覇した選手はロビンソンを含め、マイケル・ジョーダン(1987、1988)、ジェイソン・リチャードソン(2002、2003)、ザック・ラビーン(2015、2016)の4人しかいません。

また、ダンクコンテストで優勝した選手としては、スパッド・ウェッブの次に身長が低いプレーヤーです。

私は、ダンクコンテストを毎年楽しみに見ていますが、ロビンソンのダンクは本当にかっこいいダンクばかりで印象に残っています。

身長が低い選手がダンクを決めると本当にかっこいいですね。ちなみにロビンソンの垂直とびは90.2cmもあります。

「ジャンプ力がある人って本当にかっこいい」

ロビンソンのダンクコンテストで一番好きなダンクは2006年のダンクコンテストで見せた、スパッド・ウェッブ超えのダンクです↓

ジャーニーマンに

ニックスでは5年間活躍しましたが、その後はセルティックス(2010-2011)、ゴールデンステート・ウォリアーズ(2012)、シカゴブルズ(2012-2013)

デンバー・ナゲッツ(2013-2015)、ロサンゼルス・クリッパーズ(2015)、ニューオリンズ・ペリカンズ(2015)、ハポエル・テルアビブBC(2016)、デラウェア・87ERS(2017)、グアロス・デ・ララなどチームを転々としています。

今現在(2018年)はNBAでプレーしていませんが、NBA復帰をめざして奮闘中です。

いつの日かまた復帰できるといいですね。ちなみに以前はNFLでプレーする事も考えていたみたいですが、こちらは断念しました。

アンクルドリューに出演

ネイト・ロビンソンは最近映画に出演しました。

その映画は「アンクル・ドリュー」です。ロビンソンはブーツ役で出演したんですが、本当に良い味出してました。

正直アンクルドリューは今まで私が見たバスケの映画で一番面白かったです。ロビンソンは映画の中でもかなり存在感があって本当にいい演技をしていました。

未だに身体能力は衰えておらず本当に凄かったです。

アンクルドリューに興味のある方は是非見たほうがいいです、本当にいい映画なので。

[st-card id=3121

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-レジェンド

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.