NBA選手

マイク・コンリー・ジュニアはNBA屈指のポイントガード

投稿日:2019年1月21日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回はマイク・コンリー・ジュニアを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1987年10月11日

出身国:アメリカ

出身地:アーカンソー州フェイエットビル

ポジション:PG

ドラフト順位:2007年1順目4位

ドラフトチーム:メンフィス・グリズリーズ

出身校:オハイオ州立大学

身長:185cm 体重:79kg

マイク・コンリー・ジュニア

マイク・コンリー・ジュニアはメンフィス・グリズリーズで活躍している左利きのポイントガード。

りとる・あいばーそん
本当にいい選手です。

最近は髪型をドレッドヘアにしていて目立ってますね。

私的には短髪のコンリーが好きですけども。

それはさて置き、彼はステフィン・カリーやクレイ・トンプソンと同様に2世です。ただ、彼の父親はNBA選手じゃなくて、陸上選手でした。

しかもただの陸上選手ではなく、オリンピックのメダリストです。

ちなみに三段跳びと走り幅跳びをやっていました。1992年のバルセロナオリンピックの三段跳びで金メダルを獲得しています。

バルセロナオリンピックといえば元祖ドリームチームが有名ですが、コンリーの父ちゃんもこの大会で大活躍していたんですよ。

また、コンリーの父ちゃんは、他にもオリンピックや世界選手権で数々のメダルを獲得しました。

とまあ凄い父親を持っているコンリージュニアですが、ジュニアは陸上ではなくNBAで活躍しています。

りとる・あいばーそん
運動神経は父親譲り!

ちなみに、父ちゃんフリースローラインから両手でダンクで出来ます!

昔なんかのビデオで見たことあったけど、改めて見るとやっぱ

すげーーー!

高校時代

コンリーはローレンスノース高校出身です。チームメイトにはあのグレッグ・オデンがいました。

もちろんこの2人がいた高校はめちゃくちゃ強くて、インディアナ州の州タイトルを3年連続で獲得しています。

そりゃコンリーとオデンがいたら弱いわけないっすよね。

そんなコンリーはオデンと一緒にオハイオ州立大学に進学しました。

りとる・あいばーそん
仲いい!

オハイオ州立大学時代

コンリーは1年生の時から大活躍しました。平均11.3得点、6.1アシストの成績を残します。6.1アシストはビッグテンカンファレンスで1番の成績でした。

2007年NCAAトーナメント決勝

コンリーはオハイオ州立大学をNCAAトーナメント決勝に導いています。

決勝の相手はフロリダ大学。

当時のフロリダ大学にはアル・ホーフォードやジョアキム・ノア、コーリー・ブリューワーなどがいて本当に強いチームでした(監督は2019年現在サンダーでヘッドコーチを務めているビリー・ドノバン)

惜しくも75対84でコンリーのオハイオ州立大学が負けてしまいました。

その後、コンリーはチームメイトのオデンと共にNBAドラフトにアーリーエントリーします。

りとる・あいばーそん
やっぱ仲いい!

2007年NBAドラフト

コンリーは2007年のNBAドラフトで全体4位指名を受けました。

ちなみに1位は大学時代にチームメイトだったグレッグ・オデンです。

2位はケビン・デュラントで3位はアル・ホーフォードでした。

残念ながら1位指名のオデンは怪我の影響でNBAでは長く活躍できなかったですが、その分コンリーが頑張ってくれていますね。

メンフィス・グリズリーズ時代

コンリーはルーキーイヤーから平均9.4得点、4.2アシストの成績を残しました。その後も順調に成績を伸ばしています。

コンリーの成績(入団から2018年シーズンまで)

シーズン 平均得点 平均アシスト
2007-08 9.4 4.2
2008-09 10.9 4.3
2009-10 12.0 5.3
2010-11 13.7 6.5
2011-12 12.7 6.5
2012-13 14.6 6.1
2013-14 17.2 6.0
2014-15 15.8 5.4
2015-16 15.3 6.1
2016-17 20.5 6.3
2017-18 17.1 4.1
平均 14.3 5.7

特にここ数年は平均得点も15得点を超えていて、かなり活躍しているイメージがあります。アシストが2桁になればもっと厄介な選手になるんですけどね。

渡邊選手とチームメイト

グリズリーズと言えば渡邊選手が2019年現在、2ウェイ契約をしていることで有名です。もし一緒にコートに立つことがあれば、渡邊選手に沢山パスを回して欲しいです。

りとる・あいばーそん
よろしくお願いします。

今後に期待しましょう!

コンリーはグリズリーズ1筋

コンリーは最近では珍しく、入団してから今(2019年)まで12シーズンをグリズリーズ1筋でプレーしています。

なので私の中ではグリズリーズのポイントガードといえばコンリーっていうイメージが定着しました。

昔はグリズリーズのポイントガードといえばマイク・ビビーのイメージがありましたけどね。今はもう完全にコンリーになってしまいました。

(ビビーはグリズリーズで3年しかプレーしていないけど)

まとめ

コンリーは本当にいいポイントガードだと私は思います。

コンリーが入団してからはチームの成績も次第に上向きました。

2013年にはウエスタンカンファレンスファイナルまでチームを導きます。カンファレンスファイナルに進出したのはグリズリーズ史上初めてでした。

惜しくもスパーズにスウィープされましたが、バンクーバー時代の弱小グリズリーズを知っている私からすると本当にコンリー様様です。

りとる・あいばーそん
父ちゃんだけじゃなくジュニアも本当に凄い!!!

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-NBA選手

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.