NBA選手

ルー・ウィリアムズはNBA史上最高のベンチプレーヤー

投稿日:2019年3月16日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回はルー・ウィリアムズを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1986年10月27日

出身国:アメリカ

出身校:サウスグウィネット高校

ポジション:PG/SG

NBAドラフト順位:2005年2順目45位

ドラフトチーム:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

身長:185cm 体重:84kg

NBAデビュー:2005年11月2日

ルー・ウィリアムズ

ルー・ウィリアムズはNBA史上最強のベンチプレーヤーです。

2019年3月11日のセルティックス戦で34得点を挙げ、ベンチからの出場での総得点がNBA歴代1位になりました。

それまでの記録はステフィン・カリーの父ちゃんデル・カリーが持っていた1万1147得点でしたが、見事記録を塗り替えましたね。

りとる・あいばーそん
本当に凄いっす!

あと彼の尊敬できるところはこれだけの記録を残しているにもかかわらず、文句も言わずベンチプレーヤーとしての役割を受け入れているところですね。

「ルー・ウィリアムズ好きだなー」

出来ればチャンピオンリング獲って引退して欲しいっすね。

(ウォリアーズには行かないでください)

2005年のマクドナルド・オールアメリカン

サウスグウィネット高校で大活躍したウィリアムズは2005年のマクドナルド・オールアメリカンに選出されました。

試合はルー・ウィリアムズがいたイーストチームが115対110で勝利しています。

ウィリアムズはその後ジョージア大学でプレーする予定でしたが、大学には進学せずに2005年のNBAドラフトにアーリーエントリーしました。

ちなみに高校時代にはジョージア州の高校バスケットボール史上歴代2位の得点を記録しています。

りとる・あいばーそん
ウィリアムズすげー

2005年NBAドラフト

ルー・ウィリアムズは2005年のNBAドラフトに於いて、2順目45位でフィラデルフィア・セブンティーシクサーズに指名されました。

同じ2順目ではCJ・マイルズやイリャソバ、ロニー・トゥーリアフ、モンテ・エリス、アミール・ジョンソン、ブランドン・バスなども指名されています。

りとる・あいばーそん
2順目指名豊作すぎ!

シクサーズ時代

ウィリアムズはルーキーイヤーは控え選手としてプレーし、平均1.9得点、0.3アシスト、0.6リバウンドの成績を残しています。

かなり厳しいルーキーイヤーとなりましたね。

あまり結果を残せなかった彼は、2年目のシーズン序盤にフォートワース・フライヤーズ(NBAディベロップメントリーグ)に送られました。

しかし、12月にはアレン・アイバーソンがトレードされるかもしれないと言う事でシクサーズのロスターに呼び戻されています。

結局その後アイバーソンは2006年の12月にデンバー・ナゲッツにトレードされました。

それが功を奏したのか、ウィリアムズは翌2007-08シーズンからプレーイングタイムが大幅に増えます。

平均得点も次第に上がってきました。

正直アイバーソンがナゲッツにトレードされた時はびっくりしましたが、ウィリアムズにとっては良かったのかもしれません。

そのままアイバーソンがシクサーズでプレーし続けていたらルーにチャンスは巡って来なかった可能性もあります。

私はアイバーソンの大ファンなのでアイバーソンがトレードされた時は複雑な気分でしたけど・・・

りとる・あいばーそん
プレーイングタイムが増えてよかったね!

ちなみにアイバーソンはかなりルーの事を可愛がっていた模様↓

ルー・ウィリアムズのシクサーズ時代の成績↓

シーズン 平均出場時間 平均得点
2005-06 4.8 1.9
2006-07 11.3 4.3
2007-08 23.3 11.5
2008-09 23.7 12.8
2009-10 29.9 14.0
2010-11 23.3 13.7
2011-12 26.3 14.9

アトランタ・ホークス時代

ウィリアムズは2012年の7月にアトランタ・ホークスと契約しました。ホークスでは2シーズンプレーしています。

ただホークス時代のウィリアムズは怪我の影響で1年目は39試合のみの出場、2年目のシーズンは60試合の出場に止まりました。

ホークス時代のウィリアムズの成績↓

シーズン 平均出場時間 平均得点
2012-13 28.7 14.1
2013-14 24.1 10.4

トロント・ラプターズに移籍

ウィリアムズは2014年の6月にトロント・ラプターズにトレードされました。

ラプターズでは80試合に出場し平均15.5得点の成績を残しています。

シックスマンとしての活躍が認められたウィリアムズは自身初のシックスマンオブザイヤーに選出されました。

ルーはラプターズでこの賞を受賞した始めての選手になりました。

1年しかプレーしてないのにラプターズ時代のウィリアムズはなぜか物凄く印象に残っています。

りとる・あいばーそん
ラプターズのユニフォームがめっちゃ似合ってた!

レイカーズ~ロケッツ時代

レイカーズ時代もロケッツ時代も、控えから出てきては物凄く活躍していました!

レイカーズ時代とロケッツ時代の成績↓

シーズン 平均出場時間 平均得点
2015-16(レイカーズ) 28.5 15.3
2016-17(レイカーズ) 24.2 18.6
2016-17(ロケッツ) 25.7 14.9

ロサンゼルス・クリッパーズで大ブレイク

ルーと言えばやはり2017-18年シーズンの大活躍が記憶に新しいです。

平均32.8分プレーして平均22.6得点を記録しました。

ベンチから出てきて平均20得点越えは凄すぎる!

ルーはこの年自身2回目のシックスマン賞を受賞しています。

ルーのような選手がベンチから出てくると相手チームは相当いやでしょうね。

ちなみにシックスマンの歴代最多受賞はジャマール・クロフォードの3回です。

ウィリアムズ自身は2019年現在2回受賞していますので、是非とも彼の記録を更新して貰いたいっすね。

またベンチ出場での1試合最高得点記録は1993年4月23日にニック・アンダーソンが記録した50得点です(2019年現在)

ウィリアムズならこの記録も超えれそうですね。

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-NBA選手

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.