NBA選手

カワイ・レナードは手がめちゃくちゃでかくてディフェンスがめちゃくちゃ良い選手。

投稿日:

りとる・あいばーそん
今回はカワイ・レナードを紹介するっす!!

プロフィール

誕生日:1991年6月29日

出身国:アメリカ

出身地:カリフォルニア州リバーサイド

ポジション:SF

ドラフト順位:2011年1順目15位

ドラフトチーム:インディアナペイサーズ(サンアントニオ・スパーズにトレード)

出身校:サンディエゴ州立大学

身長:201cm 体重:104kg

カワイ・レナードは何でも出来る選手!!

カワイ・レナードは本当に何でも出来ます。オフェンスもディフェンスも凄いし、3ポイントシュートもうまいです。特にディフェンスは物凄くレベルが高いです。ただ、最初から何でも出来たわけではありません。

グレッグ・ポポビッチ監督のもと1年ずつ成長していきました。

「地道な努力」

これに勝るものはありません。そういう地道な努力をする才能が彼にはあります。なんで、カワイレナードはさらに何でも出来る選手に一歩一歩近づいていってます。

まだまだ発展途上のプレーヤーですし、今後もっと凄くなってもなんらおかしくありません。特にここ数年の大活躍は本当にすごい。2016-2017年シーズンには平均25.5得点をとっています。

「これからどれくらい凄くなるか楽しみ!!」

高校時代

レナードはマーティン・ルーサー・キング高校に通っていました。チームのエースだったレナードは高校最後の学年で平均22.6得点、13.1リバウンド、3.9アシストの成績を残しました。

その年、カリフォルニア州のミスターバスケットボールに選ばれます。

「ちなみにトニー・スネルと同級生です」

サンディエゴ州立大学時代

レナードはサンディエゴ州立大学出身ですが、この大学自体あまりNBA選手を輩出していません。有名どころといえばマイケル・ケイジくらいでしょう。

1年目のレナードは12.7得点、9.9リバウンドの成績でした。NCAAトーナメントに出場しましたが、テネシー大学にファーストラウンドで敗れました。

2年目のレナードは15.7得点、10.4リバウンドの成績を残します。この年もNCAAトーナメントにチームを導きました。1回戦はノーザンコロラド大学を68対50で倒しました。

続く2回戦も71対64でテンプル大学を倒します。しかし、次のコネチカット大学戦で74対67で敗れてしまいます。

レナードはNCAAトーナメントの活躍が認められ、オールアメリカンのセカンドチームに選出されました。

2011年NBAドラフト

アーリーエントリーしたレナードは2011年NBAドラフトで実はですね、スパーズじゃなくてペイサーズから指名されました。

その後トレードでスパーズへ入団します。しかもトレード相手はジョージ・ヒルとあと何人かとの交換でした。

「ペイサーズもったいないっ」

2013年NBAファイナル

2012-2013年シーズンレナードは初めてNBAファイナルに出場しました。ファイナルではスリーキングスを擁するマイアミヒートと対戦します。

レナードは2年目の選手とは思えないほど活躍しました。平均14.6得点、11.1リバウンドの成績を残しました。しかし、惜しくも第7戦でヒートに敗れてしまいました。

ただ私はこのシリーズはスパーズがミスして負けたシリーズだと未だに思っています。第6戦の試合終盤なぜかダンカンをベンチに下げました。

「えっ何でそこでダンカン下げるん?」

結果相手にリバウンドを取られ同点にされてしまいました。延長にもつれた末ヒートが逆転勝ちしました。ダンカンをさげなければ第6戦でスパーズが勝ってたはずだったんですよ。

「レナードには良い勉強になったでしょう」

2014年NBAファイナルMVP

この年のレギュラーシーズンでレナードは12.8得点、6.2リバウンドの成績をあげました。チームも62勝20敗と絶好調。ただ、レナードはスパーズの絶対的エースではなかったです。

ティム・ダンカンマヌ・ジノビリ、トニー・パーカーがまだまだチームの主役でした。この年もスパーズはNBAファイナルに進出しました。相手は昨年同様スリーキングス率いるマイアミヒートでした。

しかし、このファイナルの主役はスリーキングスではなくレナードでした。平均17.8得点、をとりチームをNBAチャンピオンに導きました。

「レナードすごいやんっ」

正直私はレナードのいきなりの活躍にびっくりしました。レギュラーシーズンの平均得点が12.8得点の選手がファイナルMVPですからね。しかもダンカン、ジノビリ、パーカーを差し置いてのファイナルMVPです。

この年レナードはオールスターにすら選ばれていません。

レナードのファイナルMVP受賞はNBA史上3番目の若さでの受賞でした。

22歳と351日でファイナルMVP!!

ちなみにあとの2回はマジック・ジョンソンですね。20歳と278日、22歳と298日での受賞でした。

「こいつは大物になるに違いない」

 

2015年は大活躍、ディフェンシブプレーヤーオブザイヤー受賞

前年のファイナルMVPで自信を付けたレナードは一気に成長を遂げました。この年のレナードのディフェンスは本当にすごかったです。

レナードにマッチアップされている選手はレナードのディフェンスにかなり苦戦しているのが分かりました。結果レナードはこの年スティール王とディフェンシブプレーヤーオブザイヤーに選ばれました。

去年のファイナルMVPに続いての受賞ってかなりすごいことです。

「レナードおめでとうございますっ」

レナードは若くしてNBAのエリートプレーヤーの仲間入りを果たしました。

レナードはディフェンスがめちゃくちゃ良い

2015年にスティール王とディフェンシブプレーヤーオブザイヤーを受賞したレナードですが、それからがすごかった。

2016年にも2年連続でディフェンシブプレーヤーオブザイヤーを受賞します。また、オールNBAディフェンシブファーストチームに2015年から2017年まで3年連続で受賞しました。

「レナードのディフェンス鉄壁すぎっ」

しかも2016年と2017年にはオールNBAのファーストチームにも選ばれました。

オールNBAファーストチームとオールNBAディフェンスシブファーストチームの同時受賞ってすごいことです。

ザザ・パチュリア

これはみなさん記憶に新しいでしょう。2017年のウォリアーズとのウエスタンカンファレンスファイナル第1戦、レナードがスリーポイントを打って着地をしようとしたところにザザが足を入れて怪我をさせたシーン。

「絶対これわざとやろ」

と私は思いました。スパーズを応援していた私としては、パチュリアがわざとやったとしか思えませんでした。怪我をするまでレナードは大活躍していました。

しかし、この怪我がかなり深刻でその後レナードが試合に戻ってくることはありませんでした。レナードを失ったスパーズはウォリアーズに逆転負けしました。

「・・・・・・・」

この出来事がきっかけでNBAのルールが変わったくらい大きな出来事でした。

怪我

2017-2018年シーズンのレナードは怪我がちなシーズンを送りました。シーズン途中に少しプレーしましたが、結局その後は怪我で戦線離脱せざるを得ませんでした。このシーズンは9試合のみしか出場していません。

「レナードよ早く戻ってきておくれ」

ただ、この怪我の影響でスパーズとレナードの関係が悪くなりました。

怪我に関して双方の意見が食い違い、レナードがスパーズへ不満を募らせてしまいます。レナードは結局デマー・デローザンとのトレードでトロント・ラプターズへ移籍しました。

「スパーズと相思相愛だったはずなのに・・・」

まあこれからはラプターズでの活躍に期待しましょう!!

カワイ・レナードは手がでかい

河合レナードは手がめちゃくちゃでかいです。あまりのでかさに本当にびっくりです。バスケットボールもつかみたい放題です。

「ちなみにマイケル・ジョーダンも手がでかいです」

すごい選手はみんな手がでかい?のかなぁとも思います。でかい手でディフェンスやらダンクやらやりたい放題っすね。

カワイは笑わないで有名、しかし笑い方が特徴的

カワイ・レナードは笑わない事で有名です。しかし、なんか内に秘めた決意のようなものも彼からは感じます。最近は笑わない事をいじられまくっていますwww

「でも私はそんなレナードが大好きです」

なんか人間味が溢れていて素晴らしいじゃないですか。それが彼がみんなから愛されている理由ですよ。ただ、この間レナードが笑っている映像がありました。結構特徴的。

「うける!!」

やっぱり良いやつなんですよレナードは。

それではまた。「あはっ、あははははははっ、あはっ」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-NBA選手

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.