レジェンド

トニー・パーカーはめっちゃすごいポイントガード!!

投稿日:2018年10月28日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回はトニー・パーカーを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1982年5月17日

出身国:フランス/ベルギー

出身地:ベルギー、フランデレン地域ウェスト=フランデレン州ブルッヘ

ポジション:PG

ドラフト順位:2001年:1順目28位

ドラフトチーム:サンアントニオスパーズ

出身校:フランス国立スポーツ研究センター

身長:188cm 体重:82kg

トニー・パーカーはめっちゃ速い選手

全盛期のトニー・パーカーは本当にクイックネス溢れる選手でした。正直私はアレン・アイバーソンと同じくらい速かったと思います。

アイバーソンと同じくらい速いということは世界でもトップクラスの速さということです。身長も188cmと高いので本当に相手ディフェンダーは彼を止めることが大変でした。

ぺネトレイトからのフローターやレイアップは本当に確率が高かったです。あとスピンムーブが絶妙すぎます。

「全盛期のパーカーはまじで速い!!」

 

おじさんが金メダリスト

彼のおじはなんとボート競技の選手です。しかもメキシコオリンピックで金メダルを取りました。

「おじさんが金メダリストってすごい!!」

もしかしたらパーカーの瞬発力はおじさん譲りなのかも。ちなみにパーカーのお父さんも元バスケットボール選手です。

NBA入り前

パーカーはフランスのプロチームであるパリスバスケットレーシングで2年間プレーしました。17歳の時にプロデビューしています。

また、2000年にはナイキフープサミットのメンバーに招待されています。

この時パーカーは大活躍し、アメリカのいくつかの大学からスカウトされました。名門UCLAからも勧誘されています。しかし、パーカーはNCAAにはいかずパリでプロとして活躍しました。

2001年NBAドラフト

2001年のNBAドラフトでパーカーは1順目28位でサンアントニオスパーズに指名されました。

正直この順位でパーカーを指名出来たスパーズは本当に運がよかったです。当時は海外出身選手の評価がNBAの中でも高まり始めていた時期でした。

ちなみにこの年のドラフトで注目されていたのはクワミ・ブラウンとスペイン出身のパウ・ガソルでした。パーカーは全くノーマークでした。全然騒がれてなかったです。

「ポポビッチは指名に乗り気じゃなかったらしい」

サンアントニオスパーズ時代

スパーズに入団したパーカーはスパーズには無くてはならない存在になります。ポポビッチに叱咤激励されながらどんどん成長していきました。

入団2年目には早くもNBAチャンピオンになりました。また2005年、2007年、2014年にも優勝しています。

パーカーは2007年にはファイナルMVPに輝きました。ヨーロッパ生まれの選手として初めてファイナルMVPを受賞しています。

パーカーはスパーズ史上最高のポイントガードであることは間違いありません。

「それだけパーカーはすごい選手!」

4つもチャンピオンリングを持っている選手はなかなかいません。

スパーズのビッグ3

2002-2003年シーズンにジノビリが加入し、パーカーとダンカンはビッグ3を結成しました。その後、パーカー、マヌ・ジノビリティム・ダンカンはスパーズで偉業を成し遂げます。

3人でのレギュラーシーズン通算試合数、通算勝利数、3人でのプレーオフ試合数、通算勝利数でNBA歴代1位になりました。

NBAには数々の偉大なビッグ3がいました。

セルティックスのラリー・バード、ケビン・マクヘイル、ロバート・パリッシュのBIG3やロサンゼルスレイカーズのマジック・ジョンソンカリーム・アブドゥル・ジャバー、ジェームズ・ウォージーのBIG3など本当にすごいレジェンド達がいました。彼等を抜いて1位ですから本当にすごいです。

正直こんなにすごい記録を作るなんて全く思っていませんでした。

「このスパーズの3人はNBAの歴史に残るBIG3です」

おそらくこの記録は長い間破られないでしょう。

エヴァ・ロンゴリアと結婚

もう離婚していますが、パーカーは有名な女優エヴァ・ロンゴリアと2007年に結婚しました。

エヴァ・ロンゴリアといえばデスパレートな妻たち(通称デス妻)というドラマで大ブレイクした有名な女優です。私はこのドラマを見ていたのでパーカーと結婚したと知った時は、本当に驚きました!!

「ちなみにめっちゃ綺麗でした」

シャーロットホーネッツへ移籍

2018-2019年シーズンにパーカーは17シーズンプレーしたスパーズからシャーロットホーネッツへ移籍しました。私は、正直この移籍にはびっくりしました。スパーズ以外のパーカーなんて想像したことも無かったからです。

「やっぱパーカーはスパーズのユニフォームが1番似合う」

もちろん新天地での活躍にも期待しています。ケンバ・ウォーカーの控えとして十分活躍できます。

「でも最後はスパーズで引退して欲しい」

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-レジェンド

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.