レジェンド

シャキール・オニールはNBA史上最高のセンタープレイヤー

投稿日:2018年6月17日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回はシャキール・オニールを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1972年3月6日

出身国:アメリカ

出身地:ニュージャージー州ニューアーク

ポジション:センター

ドラフト順位:1992年1順目1位

ドラフトチーム:オーランド・マジック

出身校:ルイジアナ州立大学

身長:216cm 体重:147kg

シャキール・オニール

シャキール・オニールはNBA史上最強のセンタープレイヤーです。

彼は身長が216cmもあります。大体大きい選手は動きが遅いですが、オニールの動きは本当にすばやかったですね。

正直言って216cmもある選手があんなに機敏に動けるなんてありえないです。

今回はそんなシャックについて書いていこうと思います!

 

ルイジアナ州立大学時代

シャキール・オニールはルイジアナ州立大学(LSU)出身です。大学時代には、

ナショナル・カレッジ・プレーヤーオブザイヤー(1991)、オールアメリカンファーストチーム(1991、1992)

SECプレーヤーオブザイヤー(1991、1992)に選出されています。

彼が付けていた背番号33番はLSUの永久欠番になりました。また同大学で殿堂入りしています。

りとる・あいばーそん
さすがシャック!

1992年NBAドラフト

シャックは1992年のNBAドラフトでオーランドマジックに指名(全体1位)されました。当時は物凄いセンターがNBAに入ってくるという事で、かなり話題になりましたね。

ちなみにこのドラフトでは後にヒートでチームメイトになるアロンゾ・モーニングが2位で指名されています。

シャックとモーニングが1位と2位って本当に凄い!

りとる・あいばーそん
センター豊作すぎ!

ルーキーイヤーから大活躍

シャックはルーキーイヤーから期待通りの大活躍をしました。この年平均23.4得点、13.9リバウンド、3.5ブロックの成績を残します。またフィールドゴールパーセンテージは56.2%もありました。

りとる・あいばーそん
ルーキーイヤーからこの成績は本当にやばいっすね。

もちろん新人王のタイトルを獲得しています。

ちなみにその年のオールスターにはルーキーながらファン投票でスターターに選出されました。ルーキーがスターターに選出されたのは、1985年のマイケル・ジョーダン以来です。

当時のシャックは本当に大物新人という言葉がぴったりの選手でした。

アンファニー・ハーダウェイとのコンビ

マジックは1993年のNBAドラフトで長身ポイントガードのアンファニー・ハーダウェイを獲得します。

シャックとハーダウェイのコンビはNBAで大旋風を起こしました。

2人は当時弱小チームだったオーランド・マジックを強豪チームへと変貌させます。

1994ー1995年シーズンのイースタンカンファレンスセミファイナルでは、マイケル・ジョーダン率いるシカゴブルズを敗っています。全盛期のジョーダンが敗れたのはこの一度のみです。

りとる・あいばーそん
全盛期のジョーダンを倒したのは本当に凄い。

シャックとペニーはその年NBAファイナルまで勝ち進みました。しかし、アキーム・オラジュワンクライド・ドレクスラー率いるヒューストン・ロケッツに惜しくも負けてしまいます。

この時はさすがのシャックもまだまだ経験が足りませんでしたね。

突然の移籍

シャックとペニーハーダウェイがいたためオーランドマジックは将来NBAチャンピオンになることが約束されていました。

しかし、1996年にフリーエージェントになったシャックはロサンゼルスレイカーズと契約してしまいます。

この移籍には本当にびっくりしました。

シャックがそのままマジックにいたら、その後のNBAの歴史は大きく変わっていたでしょう。

ペニーにとっては本当に残念でしたね。

ロサンゼルス・レイカーズで3連覇

シャックはフィル・ジャクソン監督のもと2000年、2001年、2002年にNBA史上3チーム目となるスリーピート(三連覇)を達成しました。

しかもシャックは3年連続でファイナルMVPに輝いています。

りとる・あいばーそん
3連連続MVPは本当に凄い!

レイカーズ時代のシャックは本当にアンストッパブルでしたね。

レイカーズでは1996年から2004年まで8シーズンプレーしました。

マイアミ・ヒートへ移籍

2004年にシャックはマイアミ・ヒートへ移籍しました。

1年目こそ優勝できませんでしたが、ヒート移籍2年目にはダラス・マーベリックスを倒しヒートをNBAチャンピオンに導いています。

ドリームチーム

シャキール・オニールは学生時代にドリームチームのメンバーに選ばれると言われていました。しかし、実際にはクリスチャン・レイトナーが選ばれました。

りとる・あいばーそん
オニール悔しかっただろうなぁ

ドリームチームⅡ、Ⅲ

オニールは1994年にドリームチームⅡのメンバーに選ばれます。1994年にカナダで開催された世界選手権では金メダルを獲りました。またこの大会のMVPに輝いています。

また24歳の時にはドリームチームⅢのメンバーに選出され、アトランタオリンピックで金メダルを獲りました。

シャック・アタック

シャキール・オニールのダンクは「シャック・アタック」と呼ばれ非常に強烈でした。ゴール下で彼にボールを持たれたら相手ディフェンダーは成す術なしです。

※シャックアタックはほぼ止める事が出来ませんでした。

ゴールを破壊

シャックはシャックアタックでバスケットゴールを2度ほど壊しています。

バスケットゴールを根元から圧し折り自分の上にバスケットゴールが落ちてくると言う前代未聞のプレーもありました。

これには相手選手もびっくり。

りとる・あいばーそん
本当にありえないっす!

 

シャックはフィールドゴールパーセンテージが高い

オニールはフィールドゴールパーセンテージが本当に高かったです。現役時代は10回もリーグトップの数字を記録しました。これは今現在(2018年)もNBAトップの数字。

また、5年連続(1997-2002)もNBA記録です。

チーム FG% 平均得点
1992-93 マジック 56.2 23.4
1993-94 マジック 59.9 29.3
1994-95 マジック 58.3 29.3
1995-96 マジック 57.3 26.6
1996-97 レイカーズ 55.7 26.2
1997-98 レイカーズ 58.4 28.3
1998-99 レイカーズ 57.6 26.3
1999-00 レイカーズ 57.4 29.7
2000-01 レイカーズ 57.2 28.7
2001-02 レイカーズ 57.9 27.2
2002-03 レイカーズ 57.4 27.5
2003-04 レイカーズ 58.4 21.5
2004-05 ヒート 60.1 22.9
2005-06 ヒート 60.0 20.0
2006-07 ヒート 59.1 17.3
2007-08 ヒート 58.1 14.2
2007-08 サンズ 61.1 12.9
2008-09 サンズ 60.9 17.8
2009-10 キャバリアーズ 56.6 12.0
2010-11 セルティックス 66.7 9.2
キャリア   58.2 23.7

シャックは靴がデカイ

シャックは足のサイズがなんと41cmです。

当時シャックはリーボックと契約していたんですが、シャックと同じサイズのバッシュが販促用として近くのスポーショップにおいてありました。

およそ人間の履物とは思えないものでした(笑)

私の頭がすっぽり覆われそうなくらいでかかった!

シャックは物凄く器用

シャックはその巨体に似つかわしくない身体能力と器用さを持っていました。

オールコートをすばやく走る事も出来ましたし、器用なドリブルも出来ました。ついでにブレイクダンスまで出来ました。

↓レブロンやドワイト・ハワードとダンス(めっちゃ楽しそう!)

フリースローが下手

シャックはフリースロー成功率がキャリア平均で52.7%しかありません。

なので、当時はハック・ア・シャックという戦術が流行りました。

相手チームはわざとファウルしてシャックにフリースローを打たせました。

※シャックがフリースローを外す→マイボールになる。

このような戦術が可能になるほどシャックはフリースローが苦手でした。

そして、シャックはNBAの歴史の中で5000回フリースローをミスした二人の選手のうちの一人です。ちなみにもう一人はチェンバレンです。

キャリア晩年

シャックはキャリア晩年、怪我がちで全盛期のような動きが出来なくなりました。

正直寂しかったです。

フェニックス・サンズ(2007-2009)、クリーブランドキャバリアーズ(2009-2010)、ボストンセルティックス(2010-2011)と渡り歩き2011年に引退しています。

引退後

シャックは非常に性格が明るく、引退後はNBAの名解説者として活躍しています。

りとる・あいばーそん
いつも冗談を言っていて本当に楽しそう。

最近は映画アンクル・ドリューにビッグ・フェラ役で出演しています。かなりいい感じでしたよ。

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-レジェンド

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.