要チェックや!!

NBA史上最高のスリーポイントシューター、スティーブ・カー 

投稿日:2018年7月27日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回はスティーブ・カーを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1965年9月27日

出身国:アメリカ

出身地:レバノンベイルート県ベイルート

ポジション:ポイントガード

ドラフト順位:1988年2順目50位

ドラフトチーム:フェニックス・サンズ

出身校:アリゾナ大学

身長:191cm 体重:82kg

NBAデビュー:1988年12月17日

スティーブ・カー

スティーブ・カーはNBA史上トップクラスの3ポイントシューターです。

ノーマークだったらほぼ確実に決めていたイメージがありますね。

冗談抜きに彼のシュート力は本当に凄かったです!

データから見てもカーのスリーポイントはNBA史上最高といってもいいでしょう。

1994-1995年シーズンにはスリーポイントパーセンテージが52.4%でした。これは当時のNBA記録(この記録は2010年にカイル・コーバーに破られています)

さらに1989ー1990年シーズンに50.7%、1999-2000年シーズンにも51.6%の記録を残しています。カーはキャリアで3シーズンスリーポイントの確率が50パーセントを超えました。

ちなみにキャリア平均は45.4%でこれは今でもNBA記録です(2019年現在)

りとる・あいばーそん
やっぱカー凄い!

アリゾナ大学時代

カーは1988年のNCAAトーナメントでファイナル4まで勝ち進みました。しかし、残念ながらオクラホマ大学に78対86で敗れています。

チームメイトには後にスパーズでチームメイトになるショーン・エリオットがいました。

カーとエリオットがいたら弱い分けないですね。ちなみ2人は大親友です。

また相手のオクラホマ大学にはホーレス・グラントの双子の弟ハーベイ・グラントもいました。

懐かしい名前ばっかり!

そしてなんとこのシーズン、カーはスリーポイントパーセンテージが57.3パーセントもありました。NCAAのシングルシーズンでの最高記録です。199本打って114本決めました。

りとる・あいばーそん
やっぱりカー凄い!

1988年NBAドラフト~マジック時代

カーは1988年のNBAドラフトに於いて、2順目50位でフェニックス・サンズに指名されます。

カーが2順目ってNBAレベル高すぎw

そんなカーはキャリア序盤はフェニックス・サンズ(1988-1989)、クリーブランド・キャバリアーズ(1989-1992)、オーランドマジック(1992-1993)と渡り歩きました。

そんなに活躍しているイメージも無かったですね。

シーズン 所属チーム 平均得点 スリーポイント%
1988-99 サンズ 2.1 47.1
1989-90 キャバリアーズ 6.7 50.7
1990-91 キャバリアーズ 4.8 45.2
1991-92 キャバリアーズ 6.6 43.2
1992-93 キャバリアーズ 2.4 0
1992-93 マジック 2.6 25.0

シカゴ・ブルズ時代

カーは1993年にシカゴ・ブルズと契約しました。これがカーにとって転機となります。

NBAで優勝するチームには必ずといっていいほど良いベンチプレーヤーがいますね。それが、ブルズにとってはスティーブ・カーでした。

ベンチから出てきてはいい仕事してましたね。

とにかく、カーはブルズには無くてはならない存在でした。

仮にマイケル・ジョーダンや、スコッティ・ピッペンを上手くディフェンスできたとしても、3ポイントライン付近でノーマークになっているカーにボールが渡るといとも簡単にスリーポイントシュートを決めていました。

相手チームはカーまでマークする事はなかなか厳しかったです。本当にシカゴ・ブルズというチームは抜け目の無いチームでしたね。

カーのシュートは本当に信頼感抜群でした!

ブルズ時代のスタッツ↓

シーズン 平均得点 スリーポイント%
1993-94 8.6 41.9
1994-95 8.2 52.4
1995-96 8.4 51.5
1996-97 8.1 46.4
1997-98 7.5 43.8
りとる・あいばーそん
いい仕事してますねぇ

 

スリーピート

カーは1996年、1997年、1998年にシカゴ・ブルズで三連覇を達成しています。

スティーブ・カーのブルズへの貢献度は多大なるものがありました。1番のハイライトは1997年のユタ・ジャズとのNBAファイナルでのシュートですね。

カーは残り3秒で劇的なシュートを決め、シカゴブルズを優勝に導きました。

あの場面でジョーダンが信頼してパスをするのですから、ジョーダンがカーのシュート力をかなり買っていたのが分かります。

「それ位カーのシュート力は凄かったです!」

 

余談ですが練習中にジョーダンにパンチされたのは有名な話です↓

 

1997年スリーポイントコンテスト

カーは1997年のスリーポイントコンテストで優勝しました。

ファーストラウンドでは15点、セミファイナルで21点、ファイナルでは22点決めています。

当時の出場者はかなりいい選手ばかりでしたね。

ウォルト・ウィリアムズ、ティム・レグラー、グレン・ライス、ジョン・ストックトン、デイル・エリス、テリー・ミルズ、サム・パーキンスなどが出場していました。

決勝はカー対ティム・レグラーの対決でした。ちなみにティム・レグラーは1996年のスリーポイントコンテストで優勝した選手です。

カーが22点、レグラーが18点でした。

りとる・あいばーそん
この対決は本当に楽しかった!

私はカーを応援していたのでカーが勝って嬉しかったです。

スリーピート後

シカゴ・ブルズが2度目の3連覇を達成した後、マイケル・ジョーダンが引退しました。またフィル・ジャクソン監督も退任します。この3連覇をもってシカゴ・ブルズ王朝は終焉を迎えました。

いわゆる「ラストダンス」というやつです。

そして、カーはブルズ王朝崩壊後ブルズに別れを告げました。

りとる・あいばーそん
正直少し寂しかった

サンアントニオ・スパーズ時代

スティーブ・カーは1998-1999年シーズンにサンアントニオ・スパーズへ移籍します。

当時のサンアントニオ・スパーズはティム・ダンカンを中心にアントニオ・ダニエルズ、ショーン・エリオット、マリオ・エリー、ジャレン・ジャクソン、エイブリー・ジョンソン、デビッド・ロビンソン等かなり良いメンバーが揃っているチームでした。

大親友のショーン・エリオットと一緒のチームになれてよかったですね!

新たな環境に移ったスティーブ・カーでしたが、サンアントニオ・スパーズでも大活躍しました。

ポポビッチとカーのコンビもいい感じでしたね。

 

1999年NBAファイナル

この年、スパーズはNBAファイナルへ進出します。

相手は第8シードながらNBAファイナルまで勝ちあがってきた「ミラクルニックス」でした。

カーの活躍もあり4勝1敗でサンアントニオ・スパーズがファイナルを制します。

カーはシカゴ・ブルズ時代からあわせると4年連続で優勝しました。

スパーズでも存在感抜群でしたね!

その後スパーズで2シーズンプレーしたカーは、2001ー2002年シーズンにポートランド・トレイルブレイザーズへ移籍しました。しかし、ブレイザーズで1年だけプレーした後、古巣スパーズへ復帰しました。

2003年NBAファイナル

スパーズは2002ー2003年シーズンにNBAファイナルへ進出します。

トニー・パーカーマニュ・ジノビリを擁していたスパーズはニュージャージー・ネッツを倒しNBAチャンピオンに輝きました。

この時のカーはベテランとしてかなり存在感がありました。

りとる・あいばーそん
かなりいい味出してました!

キャリアで5度の優勝

スティーブ・カーはシカゴ・ブルズで3連覇、サンアントニオ・スパーズで2度の優勝を成し遂げました。キャリアでは通算5度NBAチャンピオンになっています。

どのチームでも本当に頼りになるベンチプレーヤーとして活躍しましたね。

カーが出てきたときのほうがリズムが良くなることも多々ありました。

りとる・あいばーそん
さすがカー

ウォリアーズの監督に就任

カーは2003年に引退しますが、2014年からゴールデンステート・ウォリアーズの監督として大活躍しています。

既に2015年、2017年、2018年と3度優勝しました。これから先どれだけ優勝するかは分かりませんが、選手としても監督としても超一流ですね。

選手時代にフィル・ジャクソンやグレッグ・ポポビッチといった名将の下でプレーしたことが役に立っているんでしょう。

2015-16年シーズンには自らが選手時代に達成したシーズン72勝も超えちゃいましたしね・・・

(ちなみに私はブルズ信者です)

レギュラーシーズン73勝を達成した2015-16シーズンのウォリアーズは永遠に語り継がれるでしょう。

カーもウォリアーズも本当に凄かった!

りとる・あいばーそん
ファイナルでは負けちゃいましたけどね・・・

監督になってからの成績↓

シーズン 勝敗
2014-15(NBAチャンピオン) 67勝15敗
2015-16 73勝9敗
2016-17(NBAチャンピオン) 67勝15敗
2017-18(NBAチャンピオン) 58勝24敗

恩師であるポポビッチやフィル・ジャクソンも真っ青の成績w

まだ若いし、あとどれ位優勝出来るか楽しみです!

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-要チェックや!!

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.