NBAトレカ

NBAカードとの出会いとちょっとした解説

投稿日:2019年5月13日 更新日:

りとる・あいばーそん
おはこんばんにちわ!りとるあいばーそんです。

今回はNBAトレーディングカードについて語っていこうと思います。

それでは行きましょう!

NBAカードとの出会い

私がNBAのトレーディングカードを初めて買ったのは大学生の時でした。当時、何を血迷ったかいきなり箱買いしてしまいましたね。

一生懸命アルバイトをして稼いだなけなしのお金で買ったのでよく覚えています。

開封前は期待に満ち溢れていました。結果は爆死でしたが・・・

また、当時の私はレデンプションカードの意味も分かっておらず「なんやこの文字だけが入ったカードは?」

位の認識でした。もちろん交換方法とかも分からず、私の記憶では多分ゴミ箱に捨てましたw

当時はオートとかなかったはずなのでまあ良しとしましょう。

りとる・あいばーそん
もったいねー

それからしばらくは予算の都合もあり、カードショップでパック買いか、シングル買いをしていました。アイバーソンとかコービーのやつとか買いましたね。

たまに3千円位?する高級パックなども買いました。そのパックは必ず選手のオートグラフが封入されているという代物でしたが、有名な選手のサインカードは残念ながら引けませんでした。

今となってはいい思い出です。

カードメーカー

2019年現在はPanini(パニーニ社)のみが、NBAのカードを発行しています。

※昔はアッパーデック、フリアー、トップスなどかなりのメーカーがNBAのカードを発行していました。

私はアッパーデックのカードが好きだったのでよくアッパーデックのものを買っていました。今現在はNBAのカードを発行してないので、正直ちょっと寂しいです。

箱買い

箱買いはボックスごと買う買い方です。何のカードが出るか分かりませんが、有名選手のオートグラフや貴重なカードを引ける可能性があるので夢があります。

箱を開ける前のドキドキ感がたまりません。

りとる・あいばーそん
ちなみに爆死する事も良くありますw

自分の狙っているカードが出なかったら、トレードで交換するかオークションやメルカリに出品するのもありですね。

↓NBAカード開封記

【NBAカード開封】NBA 2017-18 Panini Noir Basketball

【NBAカード】ボックス買いしてみた!

レギュラーカード

ブランドにもよりますが、基本はシンプルなカードです。装飾も少なくて、材質もそれなり。

高級版のものはレギュラーカードであってもいいデザインのものがあります。

↓レギュラーカード例

パラレルカード

レギュラーカードやインサートカードのバージョン違いです。

例えば、デザインは一緒だけど、赤く光るものや、青、緑などに光るものなど数種類あります。色によって価値が変わります。

りとる・あいばーそん
パラレルは英語で並列。

レデンプションカード

カード初心者の方は「?」と思うかもしれませんが、私のように捨てないでくださいねw

これはカード引換券のようなもので、交換内容はカードの表面に書かれています。

交換方法はネットを調べれば出てきますので調べてみてください。

レデンプションカード

レデンプションカード

ルーキーカード

選手の初めてのレギュラーカード。

レギュラーカードだから粗末に扱ってしまいがちですが、その後の選手の活躍によっては物凄く価値があがるカードもありますので、馬鹿に出来ないですね。なので大事に取っておきましょう。

ちなみにルー・アルシンダーのレギュラーカードはかなりの値段が付きました。ちなみに~千万円。

家が建っちゃいます。

りとる・あいばーそん
たかがカードされどカード!

解説者として活躍中のクリス・ウェバーのルーキーカード(フリアー社)

NBAカード

裏面

NBAカード

シリアルナンバー入りのカード

カードにシリアルナンバーが刻印されています。例えば100分の~とか、10分の~とかです。

要はそのカードは世の中にその枚数しか存在しないと言う事です。

中でも究極は【1of1】

世界に1枚しか存在しません。なので有名選手の1of1などは価値が高くなります。また、有名選手でなくても大事に保管してください。後で活躍して価値が上がるケースもありますよ。

りとる・あいばーそん
世界に1つだけのカード~♪(スマップ風)

ロマンがありますね。

ラリー・バードのシリアルナンバー入りカード65分の~

NBAカード

メモラビリアカード

選手の実使用アイテムの一部が挟み込まれたカード(一部未使用のものもあり)NBA選手だったらユニフォームが多いですね。バッシュの一部を挟み込んだカードもあります。

パッチカードは通常のジャージカードではなくチームロゴの一部や背番号の一部などが挟み込まれています。

スコッティ・ピッペンのパッチカード

オートグラフ

オートグラフは選手の直筆サインが入ったカードです。私は自分の好きな選手のオートグラフを入手した時が一番テンションあがります。

皆さんも是非好きな選手のオートグラフを手に入れて下さい!

後は、マイケル・ジョーダンのカードがかなり高値で取引されていますね。私の予想ではジョーダンの貴重なカードは今後もっともっと価値が上がっていくのではないかと思ってます。

ちなみにジョーダンのカードはアッパーデックが独占契約しているので、今現在は入手するチャンスが少ない。

※Panini社のカードを買っても絶対にジョーダンのオートグラフはでません。

それと、オートグラフには2種類あって、直書きオートとシールオートがあります。

直書きはカードに直接サインが入ってます。シールオートはシールにサインがしてあって、それがカードに張り付けられています。

私は直書きのほうが好きですね。

↓シールオート

【オートグラフ入手法】

狙った選手のカードが欲しい場合はパックから引くよりも、メルカリやヤフオクなどで出品されている物を購入したほうが確実に入手できますよ(稀に偽者を出品している方もいますので注意)

トレカショップで購入するのもありです。

また、コレクター同士でトレードし合うのもいいですね。

大好きなアイバーソンの直書きオート(トレードで入手)

↓90年代にニックスで活躍したスタークスの直書きオート

マグホに入れてみよう

お気に入りのカードはマグネットホルダーに入れてみましょう。もともとかっこいいカードがさらにかっこよく見えますよ。

カードを保護すると言う面でも役に立ちます。

大事なカードをしっかり守りましょう。

最後に

トレカは本当に楽しい趣味だと思いますので、自分の財布と相談しながら楽しんで見てはどうでしょうか?

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-NBAトレカ

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.