レジェンド

コービー・ブライアントの引退試合を振り返る。

投稿日:2019年5月19日 更新日:

りとる・あいばーそん
おはこんばんにちわ!りとるあいばーそんです。

今回はコービー・ブライアントの引退試合を振り返ってみようと思います。

それでは行きましょう!

コービー・ブライアントの引退試合

コービー・ブライアントの引退試合が行われたのは、2016年4月13日。

場所はレイカーズのホームであるステイプルセンター、対戦相手はユタ・ジャズでした。

コービーはステイプルズセンターでキャリア通算598試合目の出場になります。1996年にレイカーズ入団後、レイカーズ一筋20シーズンで最後の試合になりました。

りとる・あいばーそん
コートには特別に24番と8番のペイントが大きく施されていました。
試合前

試合開始前にはコービー・ブライアントのトリビュート映像が流されました。

映像の中では当時レイカーズの監督だったバイロン・スコット、ジュリアス・ランドル、メッタ・ワールドピース、ラリー・ナンスジュニアなどがコービーにメッセージを送りました。

最後に「Thank You Kobe」の文字が映し出された時は感動しましたね。

試合前は一時代が終わる寂しさがありました。

りとる・あいばーそん
コービー引退か(悲)

コービーの出場時間予定

この試合コービーの出場時間は細かく設定されていました。第1クォーターと第3クォーターはフル出場、第2、第4クォーターは6分の出場予定でした。

37歳のコービーの事を考えての出場時間設定だったと思います。

それでは、前半から振り返ってみましょう!

前半のコービー

レイカーズの選手達はコービーに花を持たせようと、コービーに積極的にボールを集めます。

コービーの初得点は第1クォーター残り5分17秒でした。

最初は調子悪かったですが、5連続でシュートを決めたときは観客も大盛り上がりでした。

とにかく、コービーに対する歓声が本当に凄かったですね。

結局コービーは前半で22点、フィールドゴール20分の7、フリースロー8分の6、1ブロックを記録しました。

しかし、チーム自体は42対57でレイカーズが15点ビハインドで前半を終えます。

後半のコービー

第3クォーターのコービーはエアボールを連発。

しかし、その後どんどん調子を上げ第3クォーター終了時にはなんと、37得点を取っていました。この時点ではフィールドゴール34分の14、1アシスト、3リバウンド、1ブロックの成績でした。

監督のバイロン・スコットも、「まさかここまでコービーが点を取るとは思っていなかった」と言っていましたね。

りとる・あいばーそん
さすがコービー

しかし、試合は相変わらず66対75でジャズがリード。

コービー・ブライアント現役最後の第4クォーター

そして、いよいよコービー現役最後の第4クォーターを迎えます。

第4クォーターのコービーの出場予定時間は6分の予定でしたが、ここでコービーらしさが出ました。第4クォーター開始前、コービーは監督のバイロン・スコットに「気分がいいからもっと試合に出させてくれ」と志願します。

もちろんバイロン・スコットは予定時間よりも多くコービーを試合に出場させました。

コービーの現役最後の第4クォーターは本当にやばかったです。本当に感動したし、心のそこから凄いと思いました。

りとる・あいばーそん
以下の活躍をご覧ください!

残り9分31秒スリーポイントシュートを沈め、この試合40点を記録(37歳以上で40得点を記録したのはNBA史上5人目)

残り1分45秒にはキャリア25回目となる1試合50点超え(NBA史上3位)

りとる・あいばーそん
会場中がざわついていましたね。コービーの奥さんと娘さんも大興奮。

残り14.8秒フリースローを2本決め60得点を記録。コービー自身60得点超えは、2009年2月2日にマジソンスクウェアガーデンで記録した61得点以来。

キャリアで6度の60点超えはNBA史上2番目の記録。しかも60点はこのシーズンのNBA最多得点。

りとる・あいばーそん
引退試合でシーズン最多得点ってやばすぎでしょ。

また30歳以上での60得点越えはNBA史上3人しか達成していません。ウィルト・チェンバレン、トム・チェンバース、コービー・ブライアントの3人のみです。

りとる・あいばーそん
コービーめっちゃすげー

試合の最後はコービーのアシストからジョーダン・クラークソンの強烈なダンクが炸裂。101対96でレイカーズがリードを広げます。

この時コービーの奥さんはコービーに投げキッスをしました。コービーはウィンクで返します。この時の2人のやり取りが本当に最高でしたね。コービーは最高の表情をしていました。

そして、残り4.1秒ついにコービーがついにベンチにさがります。

最後はジャズのシュートが外れ見事レイカーズが勝利。

  1Q 2Q 3Q 4Q  
ジャズ 21 36 18 21 96
レイカーズ 19 23 24 35 101

試合後、コービーは家族のもとに駆け寄りました。

りとる・あいばーそん
本当に感動的でした
引退試合でのコービーのスタッツ
フィールドゴール試投数 50本
フィールドゴール成功数 22本
フィールドゴールパーセンテージ 44%
スリーポイント試投数/成功数 21/6
スリーポイントパーセンテージ 28.6%
フリスロー試投数/成功数 12/10
フリースローパーセンテージ 83.3%
リバウンド
アシスト
スティール 1
ブロック 1
ターンオーバー 1
パーソナルファウル 1
得点 60

レイカーズ出場選手

コービー・ブライアント、ディアンジェロ・ラッセル、ジョーダン・クラークソン、ジュリアス・ランドル、ロイ・ヒバート、ラリー・ナンスJr、マルセロ・ウェルタス、タリーク・ブラック、ライアン・ケリー、

試合には出てないけどBリーグで活躍中のロバート・サクレもベンチにいました。

ユタ・ジャズ出場選手

トレイ・ライルズ、シェルビン・マック、ゴードン・ヘイワード、ジェフ・ウィゼイ、ロドニー・フッド、トレバー・ブッカー、ジョー・イングルス、クリス・ジョンソン、ラウル・ネト

コービーの引退試合は著名人も多数観戦

コービーの引退試合には元NBA選手や有名人も多数観戦に来ていました。

ラマー・オドム、ホーレス・グラント、デバン・ジョージ、ゲイリー・ペイトン、ジェイZ、シャキール・オニールデリック・フィッシャー、スヌープ・ドッグ、デイビッド・ベッカム、カニエ・ウエスト、エルデン・キャンベル、ロニー・トゥーリアフなどがいました。

そして、大のレイカーズファンであるジャック・ニコルソンの姿もありましたね。

あとはコービーの母校であるローワーメリオン高校のユニフォームを着て観戦している人もいました。

マンバデイ

コービーが引退するこの日はNIKEが「マンバデイ」としました。

4大スポーツのNIKE契約選手達がコービーに敬意を表して、ブラックかゴールドのウェアなどを身に付けました。

ちなみに、メジャーリーグのスーパースターであるマイク・トラウトがブラックとゴールドのグローブで試合に出場しています。

またレイカーズやジャズのNIKE契約選手達もゴールドとブラックのシューズを履いてコービーに敬意を示しました。

コービー・ブライアントの引退スピーチ

20年がこんなに早く過ぎるなんて信じられない。

チームメイトとこの場にいる事、今まで一緒に過ごした日々に感謝しているよ。いい時も悪いときもあったけど、大切なのは毎日みんなと一緒に戦った事。

僕は熱狂的なレイカーズファンとして育った。すべての先輩達のプレーを覚えている。ドラフトの後、このチームにトレードされてから20年、出来すぎた物語のようだった。

実は優勝したことよりも苦しかった時期を誇りに思っているんだ。決して逃げなかったから、逃げずに戦い抜いた事は間違っていなかった。

ファンの皆さんへは感謝の気持ちでいっぱいです。背中を押してくれてありがとうございました。

笑えるのが、20年間「味方を使え」と言われ続けたはずなのに、今はみんな「お前が行け」と叫んでいる。傑作ですね。

今は最高の気分です。感謝の気持ちをどう表現していいのか分かりません。心の底からありがとうと言いたい。皆さんを愛しています。

私の家族、妻のバネッサ、娘のナタリアとジアーナいつも苦労をかけたね。

トレーニングをしている時にも家族を支えてくれた。感謝しても仕切れないよ。心からありがとう。なんと言えばいいのか、

「マンバアウト」

最後は家族とハグしました。 

りとる・あいばーそん
マンバアウトがめちゃくちゃかっこよかった!
最後に

コービーは2015-16シーズン、66試合に出場し1161得点、247リバウンド、184アシストを記録しました。

キャリア通算では33,643得点、7,047リバウンド、6,306アシストの記録を残してコートを去ります。

NBAの一時代が終わった瞬間でした。

とにかくこの試合のコービーはとてつもなく凄かったです。37歳とは思えないくらいの大活躍でしたね。

2013年にアキレス腱を断裂してからは全盛期ほどの動きが出来なくなりましたが、引退試合のコービーは全盛期を髣髴とさせる活躍でした。

とにかくこの試合は集中力が凄かったです。

りとる・あいばーそん
さすがコービー。

引退試合でこんなにも活躍されると「まだまだやれるんじゃないの?」とも思ってしまいましたけどね。

アンチコービー・ブライアント

ただ、正直言うと私は昔アンチコービー・ブライアントでした。

しかし、引退試合のコービーの姿を見ているとそんな事はどうでも良くなりました。

コービーの活躍に私は胸を打たれましたね。こんなにも素晴らしくて偉大な選手が引退して行くのを見ると、正直悲しかったです。なぜ私はコービーのアンチだったんだろうとも思いました。

りとる・あいばーそん
でも、逆に今はコービーの事が本当に好きになりました。

以前、コービーは「終わりが来ることに不安は無い、違う人生を快く迎え入れる」と語っていました。なので、今後の彼の活躍に期待大です。

それではまた。

コービー・ブライアントの記事はこちらから↓

kobe
コービー・ブライアントはめっちゃ凄い選手。

りとる・あいばーそん今回は、コービー・ブライアントを紹介するっす! プロフィール 誕生日:1978年8月23日 出身国:アメリカ 出身地:ペンシルベニア州フィラデルフィア ポジション:シューティングガ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-レジェンド

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.