NBA選手

カール=アンソニー・タウンズは近代的なセンター

投稿日:

りとる・あいばーそん
今回はカール=アンソニー・タウンズを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1995年11月15日

出身国:アメリカ/ドミニカ共和国

出身地:ニュージャージー州ピスカタウェイ

ポジション:C

ドラフト順位:2015年:1順目1位

ドラフトチーム:ミネソタティンバーウルブス

出身校:ケンタッキー大学

身長:213cm 体重:112kg

カール=アンソニー・タウンズはスリーポイントも打てる万能センター

カール=アンソニー・タウンズは何でも出来る万能センターです。

インサイドのプレーはもちろんスリーポイントシュートも打つことが出来ます。長身でスリーポイントを打てるセンターといえば、本来ならばヨーロッパ出身の選手の特権でした。

しかし、NBAも次第に進化してきました。今ではヨーロッパ出身の長身選手でなくとも、当たり前のようにスリーポイントシュートを決めてきます。

「NBAも本当に変わった!!」

私の中でタウンズは近代NBAを代表するセンタープレーヤーです。

2016年のスキルチャレンジではセンタープレーヤーにもかかわらず優勝しました。基本はガードの選手が有利な種目です。

このことからもタウンズが如何に器用なプレーヤーかが分かります。

シャキール・オニールが剛のセンターだとしたら、タウンズは柔のセンター」

この先彼がもっと活躍すれば、間違いなくティンバーウルブスは強くなるでしょう。ウルブスの将来は彼にかかっているといっても過言ではありません。

大学時代

彼はケンタッキー大学で1年間プレーしました。平均10.3得点、6.7リバウンドの成績を残します。

タウンズはケンタッキー大学をファイナル4に導きました。ファイナル4ではウィスコンシン大学に64対71で敗れましたが、タウンズは16得点、9リバウンドの成績を残します。

ちなみにチームメイトにはNBAで大活躍中のデビン・ブッカーがいました。

「ケンタッキー大学最強すぎ」

この2人がいても優勝出来ないなんて、NCAAのレベルの高さは相当なものですね。

ちなみにタウンズはバスケットボールのキャリアが終わった後は医者になることが夢だそうです。なので大学時代は運動生理学を専攻していました。

「志が高い!!」

2015年NBAドラフト

ファイナル4で敗れたあとタウンズは2015年のNBAドラフトにアーリーエントリーしました。タウンズは全体1位でミネソタティンバーウルブスに指名されました。

よくも悪くもドラ1選手の宿命を負うことになりました。

「今後どうなって行くか楽しみ」

ティンバーウルブスに入団

タウンズは期待通り1年目から大活躍します。平均18.3得点、10.5リバウンドの成績を残しました。

また、この年ケビン・ガーネットが古巣のウルブスと契約します。タウンズはベテランのケビン・ガーネットから色々学べる機会があった事は本当に大きなことだったと思います。

この年タウンズは活躍が認められ2016年のルーキーオブザイヤーに輝きました。

ティンバーウルブスにとっては前年のアンドリュー・ウィギンスに次いで2人目のルーキーオブザイヤーの受賞者になりました。

「ウルブス将来明るすぎっ」

2年目のシーズンタウンズはさらに成績を伸ばします。平均25.1得点、12.3リバウンドの成績を残しました。

さらに3年目は平均21.3得点、12.3リバウンドの成績を残します。

特筆すべき点はフリースローパーセンテージ85.8パーセント、フィールドゴールパーセンテージ54.5パーセント、そしてスリーポイントの確率が42.1パーセントでした。

スリーポイントとフリースローはガードの選手のような確率です。大体センタープレーヤーはフリースローが苦手な選手が多いんですがタウンズはうますぎです。

「213cmもあってこの確率は反則すぎっ!!」

また、2018年には初のオールスターにも選出されました。タウンズは本当にこれからが楽しみなセンターです。

「要チェックや!」

 

初めてのプレーオフ

2017-2018年シーズンレギュラーシーズンで47勝35敗の成績を残したウルブスはプレーオフに進出しました。

私はプレーオフで彼の活躍を期待していました。

しかし、ふたを開けてみるとタウンズはレギュラーシーズンのような活躍が出来ませんでした。平均得点も15.2得点しかとれずレギュラーシーズンよりも大幅に低下しました。

結果的に1位シードのヒューストン・ロケッツに1勝4敗で敗れています。

THIS IS NBAの洗礼を受けたタウンズでしたが、今後はこの苦い経験を活かしてどんどん成長して欲しいです。

彼は今のNBAの中でトップクラスのセンタープレーヤーであることは間違いないですし、今後長きに渡り活躍できる選手です。

「あとはプレーオフで結果を残すだけ」

これからのタウンズのプレーに注目です!!

言い忘れましたが、タウンズはスリーポイント打つとき全然跳んでませんwww

物凄く独特なシュートフォームですw

それではまた。

 

ゲーム好きwww

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-NBA選手

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.