NBA選手

デマー・デローザンは身体能力が高くて、ダンクがかっこいい選手。

投稿日:

りとる・あいばーそん
今回はデマー・デローザンを紹介するっす!!

プロフィール

誕生日:1989年8月7日

出身国:アメリカ

出身地:カリフォルニア州コンプトン

ポジション:SG/SF

ドラフト順位:2009年1順目9位

ドラフトチーム:トロントラプターズ

出身校:南カリフォルニア大学

身長:201cm 体重:98kg

デマー・デローザンは本当に身体能力が高い選手

デマー・デローザンは身体能力が本当に高い選手です。物凄いダンクシュートで観客を沸かせます。デローザンのプレーは本当に観客を魅了します。

ただ3ポイントシュートは得意ではありません。キャリア平均で28.9パーセントです。しかし、中距離のシュートは得意としています。

「90年代にはデローザンのようなタイプのシューティングガードやスモールフォワードの選手が多かった」

そもそもスリーポイントが今ほど重要視されていなかったので、ピュアシューター以外はあまり3ポイントシュートを多用していませんでした。

もちろんまったく打たないわけではありませんが、確率の低い3ポイントシュートよりも確率の高いシュートを重要視していました。

なのでデローザンのプレーを見ているとなぜか私は90年代を思い出してしまいます。なんかジョーダンっぽいような気がする。

「なので私はデローザンには頑張って欲しい」なぜならば私は90年代もジョーダンも大好きだからwww

スリーポイントがなくても十分通用する事を証明して欲しいです。ただ最近はスリーポイントも頑張って練習してますので、さらに上を目指して欲しいです。

学生時代

デローザンは高校時代にマクドナルドオールアメリカンとジョーダンブランドクラシックに出場しています。言ってみればこの時点でNBA入りはほぼ確実だったわけです。

「大体スゴイNBA選手ってどちらかに出場してるんですよね」

デローザンもそんなエリート高校生のうちの一人だったわけです。その後、南カリフォルニア大学に進学したデローザンは南カリフォルニア大学で大活躍しました。

デローザンはチームをNCAAトーナメントへ導きます。惜しくも2回戦でミシガン州立大学に74対69で敗れましたが、チームをNCAAトーナメントに導いた事だけでも凄い事です。

「シンプルにすごいよね」

その後、デローザンは1年間だけ大学でプレーした後アーリーエントリーしました。

2009年NBAドラフト

デローザンは2009年NBAドラフトで1順目9位でトロント・ラプターズに指名されました。この年のドラフトはブレイク・グリフィンの話題ばかりだったので、デローザンはグリフィンの影に隠れていました。

「グリフィン大物すぎっ」

ひそかに?NBA入りしたデローザンですが、その後はラプターズで頑張ります。

ラプターズ時代

ルーキーイヤーのデローザンは身体能力は高かったですが、正直オールスターに出れるような選手ではないと私は思っていました。ちなみにルーキーイヤーの平均得点は8.6得点でした。

「デローザンごめんなさい」

しかし、デローザンは2年目から平均得点を伸ばし始めました。2年目17.2得点、3年目16.7得点、4年目、18.1得点とどんどん成長しました。

しかし、この時点でも私はまだデローザンがオールスター選手になるとは思いもしませんでした。

「デローザン本当にごめんなさい」

しかし、5年目には平均得点が22.7得点まで伸びます。確かにこの年のデローザンは今までと何か違いました。得点を獲る能力に一段と磨きがかかりました。

「あれっ!?デローザンなんか凄みが増した」

そして、2014年デローザンはオールスターに選ばれました。その後も2016年から2018年まで3年連続でオールスターに選ばれています。

「私が完全に間違っていました、すいません」

見事オールスター選手になって私が間違っていた事を証明してくれました。

ラプターズのエースへ

ラプターズのエースに成長したデローザンはその後もどんどん成長しました。2016-2017年シーズンには平均27.3得点をとりました。また、プレーオフではキャリア平均21.9得点をあげています。

「プレーオフ平均20点越えってすごい」

ただ、ここ2、3年はレブロン率いるキャバリアーズの壁を打ち破ることが出来ませんでした。特に2017-2018年シーズンは初めてイースタンカンファレンストップの59勝23敗の成績を残したにもかかわらず、カンファレンスセミファイナルでキャバリアーズにスイープされてしまいました。

デローザン個人的にはある程度は活躍してはいましたが、スウィープされてしまいました。

「デローザンはキングレブロン相手によく頑張った」

サンアントニオスパーズへトレード

ラプターズは今の現状ではNBAチャンピオンになれないと判断しました。ラプターズはチームのエースをトレードします。デローザンのトレード相手はスパーズのカワイ・レナードでした。

ラプターズのユニフォームが本当に似合っていたデローザンでしたが、2018-2019年シーズンからはスパーズのユニフォームでプレーすることになりました。

スパーズのユニフォームを着たデローザンを見るのが本当に楽しみです。また、ポポビッチの下でどのようなプレーをするか興味津々です。

「是非トレードしたラプターズを見返してやってください!!」

あっでも、ラウリーとは仲良くしてね。

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-NBA選手

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.