歴代NBAチーム

シカゴ・ブルズ(2018-2019シーズン)

投稿日:

りとる・あいばーそん
今回は2018-2019シーズンのシカゴ・ブルズを紹介!

2018-2019年シーズンのシカゴブルズ

2017-2018年シーズンは27勝55敗と結果が残せなかったシカゴ・ブルズはただ今絶賛再建中です。ブルズファンの私にとっては我慢のシーズンが続きますが、長い目で見守って行きます。

しかし、今のブルズには明るい材料がたくさんあります。

オフシーズンにはFAでジャバリ・パーカーを獲得、またザック・ラビーンと4年7800万ドルで再契約しました。二人とも大怪我から復活し、今シーズンはしっかり働いています。

今シーズンのブルズにはオールスター選手は一人もいません。

しかし、クリス・ダン、ラウリー・マルケネン、ジャスティン・ホリデー、ザック・ラビーン、デンゼル・バレンタイン、ジャバリ・パーカー、ルーキーのウェンデル・カーターJrなどまだまだ伸びる若手選手がたくさん揃っています。

なので将来的には非常に楽しみ。

今のブルズは弱いんですけど、試合は見ていて本当に楽しいです。特にラビーンの活躍は本当にすごくて、ラビーンのプレーを見てるだけでも面白いですね。

ブルズファンじゃない方にもぜひ見てほしいチームです。弱いけど・・・

ただいつ見てもブルズの選手紹介はかっこいい!!

2018年NBAドラフト

ブルズは2018年のNBAドラフトで期待の若手選手を二人手に入れました。デューク大学出身のウェンデル・カーターJrとチャンドラー・ハッチソンです。

特にウェンデル・カーターJrは高校時代にマクドナルド・オールアメリカンに選ばれるほどの選手で、今後が非常に楽しみな選手。

ブルズではルーキーイヤーからプレーイングタイムをしっかりもらっていて、オールルーキーチームに選出される可能性が大です。

ブルズはいいルーキーを指名しましたね。11月28日現在で平均11得点、7.1リバウンドの成績を残しています。ルーキーで平均2桁得点は本当に凄い。

カーターの今後の活躍に目が離せません。

ザック・ラビーンの大活躍

昨シーズンは平均16.7得点だったラビーンですが、今シーズンのラビーンはオールスターに選ばれてもいいくらいの大活躍をしています。

2017年シーズンに前十時靭帯を切った時は心配しましたが、今現在まったく怪我の影響はありません。以前のような強烈なダンクシュートも健在です。

特に今シーズンは一気に成長を遂げ平均25.7得点(11月28日現在)と大活躍しています。

そして、今シーズンはマイケル・ジョーダンのようなダブルクラッチやプットバックダンクを決めるなど本当に目立っています。

彼の見せたプレーは本当にジョーダンにめちゃくちゃそっくりでびっくりしました。

ラビーンにはブルズのエースとしてチームをとりあえずプレーオフに導いて欲しいです。

ジャバリ・パーカーの復活

今シーズン加入したジャバリ・パーカーですが、2014年のNBAドラフトではミルウォーキー・バックスから全体2位指名を受けるほど評価が高かった選手です。

ミルウォーキーバックス時代の2016-17シーズンには平均20得点を超えていました。

ただ、前十時靭帯を2度断裂してからはバックスからお払い箱にされた感が否めません。

そんなところに我がブルズがすぐさまオファーを出したわけですが、パーカーは今のところスタメンで大活躍中。

11月28日時点では平均16.3得点、7.2リバウンドの成績を残しています。パーカーの獲得は今のところ成功した模様。

怪我人

今シーズンのブルズはかなり怪我人が多いです。クリス・ダンやラウリー・マルケネン、デンゼル・バレンタインなどが怪我でプレーできていません(11月28日現在)

とくにマルケネンやクリス・ダンは得点力がありますので早く戻ってきてほしいです。

彼らが戻ってくれば間違いなくチーム状況はよくなりますし、非常に良いチームになるのではないかと思っています。

ポイントガードが物足りない

今のブルズは正直ポイントガードが物足りません。

特に今現在クリス・ダンが怪我をしていますので、復活が待ち遠しいです。

ライアン・アーチディアコノやキャメロン・ペインはまだスターターの実力はないですね。

クリス・ダン自身は2016年のNBAドラフトで1順目5位で指名されるほど評価が高かった選手ですので今後に期待です。

今後のシカゴブルズ

90年代のシカゴブルズ王朝の大ファンだった私ですが、正直当時のブルズと今のブルズを比べてしまいます。

もちろんあんな凄いチームはなかなか出てこないのは承知していますが、ファンとしてはもう一度あのような強いブルズをもう一度見たいです。

このまま若手主体で再建していくのかフリーエージェントで大物選手を獲得するかは球団社長であるジョン・パクソンの考え方次第でしょう。

ケビン・デュラントがもうすぐフリーエージェントになるのでもし来てくれたら嬉しいな(今はアンチだが)

もしくは2019年のNBAドラフトでザイオン・ウィリアムソンかR.Jバレット、そして我らが八村選手あたりを指名出来たら本当に最高なんですけどね。

ただ、私にとってブルズは強くても、弱くても本当に魅力的なチームです。今後も応援していきます!

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-歴代NBAチーム

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.