NBA選手

アンドリュー・ウィギンスは将来有望なカナダ出身のドラ1選手。

投稿日:2018年11月13日 更新日:

りとる・あいばーそん
今回はアンドリュー・ウィギンスを紹介するっす!

プロフィール

誕生日:1995年2月23日

出身国:カナダ

出身地:オンタリオ州トロント

ポジション:SG/SF

ドラフト順位:2014年1順目1位

ドラフトチーム:クリーブランド・キャバリアーズ

出身校:カンザス大学

身長:203cm 体重:91kg

アンドリュー・ウィギンスは将来有望な選手

アンドリュー・ウィギンスは将来有望な若手スターのうちの一人です。まだ才能が開花しきっていませんが今後が非常に楽しみです。

彼ならば得点王になってもおかしくないですね。それくらい非凡な才能を持っています。

「ただね、まだ結果がともなってない」

このまま結果が伴わないまま残念ドラフト1位指名選手にはなって欲しくないです。

私は彼には本当に期待しているのでいつの日か得点王やオールスター、NBAチャンピオンになって欲しいっす。

父親はNBA選手で母は陸上選手

彼の父親は元NBA選手でシカゴ・ブルズやヒューストン・ロケッツでプレーしていました。ちなみにNBAでは4年間プレーしました。

また、ウィギンズの母親は陸上の短距離選手でロサンゼルオリンピックでは銀メダルを取っています。

父親が元NBA選手で母親もオリンピックのメダリストなので彼が身体能力が高いのもうなずけます。

高校時代

高校時代にウィギンスは2013年のマクドナルドオールアメリカンに出場しました。ウィギンスはこの大会で19得点をあげます。高校時代からすでにNBA入りは確実だったんですね。

「大体ドラフト1位で指名される選手はマクドナルドオールアメリカンに出てるから」

また高校時代にはミスターバスケットボールUSAに選出されました。ちなみに過去にはウィルト・チェンバレンやオスカーロバートソン、レブロン・ジェームズもこの賞を受賞しています。

そしてSLAM誌が選ぶナンバー1高校生にも選ばれました。

「本当に高校時代からすごい」

この頃からウィギンスは本当に評価されているのが分かりますね。

まじで跳躍力すごすぎです↓

 

カンザス大学時代

高校時代に大活躍したウィギンスはフロリダ州立大学やケンタッキー大学、ノースカロライナ大学、カンザス大学から奨学金のオファーを受けます。結果的に彼はカンザス大学を選びました。

ウィギンスは2014年にウェストバージニア大学相手に41得点します。BIG12カンファレンスの新人としては2008年にマイケル・ビーズリーがベイラー大学相手に44得点して依頼の高記録です。

「新人で41点はすごい!」

NCAAトーナメントでは2回戦で惜しくもスタンフォード大学に敗れました。その後2014年のNBAドラフトにアーリーエントリーしました。

2014年NBAドラフト

高校時代と大学時代に大活躍したウィギンスは2014年のNBAドラフトにおいて1順目1位でクリーブランドキャバリアーズに指名されました。

カナダ出身の選手としては2013年に指名されたアンソニー・ベネット以来2人目のドラフト1位選手になります。

ちなみにウィギンスはカナダのマイケル・ジョーダンと呼ばれていてかなり評価が高かったです。

ティンバーウルブスへトレード

ウィギンスはキャバリアーズでプレーする事なくトレードでミネソタティンバーウルブスへ移籍しました。

これは間違いなくレブロン・ジェームズがキャバリアーズに復帰したことが原因であることは間違いないです。このトレードでキャバリアーズはウィギンズとアンソニー・ベネットを放出する代わりに即戦力になるケビン・ラブを獲得しました。

正直私的にはウィギンス、レブロン、カイリー・アービングの3人のプレーを期待していたので正直このトレードにはがっかりでした。

しかし、結果的にキャバリアーズはこの年NBAファイナルに進出しましたし、2016年には優勝したのでこのトレードは正解だったんですけれどもね。

ウィギンスにとってはキャバリアーズが自分よりもラブを選んだので悔しかったと思います。

ティンバーウルブスで活躍中

ウィギンスはNBA1年目から平均16,9得点をとります。そして、2015年のルーキーオブザイヤーに選ばれました。

また2年目には平均20,7得点、3年目には23,6得点と順調に成長しています。

4年目の2017-18シーズンは平均17,7得点と平均得点が下がりましたが、これはジミー・バトラーが加入した為です。

しかしジミー・バトラーは2018年の11月にシクサーズにトレードされたので、これからウィギンスはウルブスのエースとして活躍していくに違いありません。

「これからのウィギンスには注目です」

 

ティンバーウルブスと大型契約

2017年10月11日にウィギンスはウルブスと5年1億4800万ドルで契約延長しました。これは日本円で換算すると

16,852,168,000円ですw

168億5216万8千円ってもうね、普通の人では一生稼げません。なのでウィギンスは普通の人じゃないですw

168億ってもうね、お金の単位じゃなくて168億光年のほうがしっくりくる。

NBAのスーパースター中のスーパースターですよこの方。ただNBAオールスターにはまだ1回も出てないです。

オールスターに1回も出てない選手とこんなに大型契約を結ぶのもどうかと思いますけど、逆に言えば期待の現れなので彼には給料泥棒と呼ばれないように是非とも頑張ってほしい。

「1億円くれないかなw」

それではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りとるあいばーそん

出身地:日本、 NBAファン歴:30年、 好きなチーム:シカゴ・ブルズ、 好きな選手:ジョーダン、アイバーソン、 好きなプレー:ノールックパス、クロスオーバー、 趣味:スポーツ観戦、ツイッターフォローしてくれると喜びます。

-NBA選手

Copyright© NBAレジェンド-過去から現在までのNBAをまとめるブログ , 2019 All Rights Reserved.